最近のトラックバック

« 不世出の早熟の天才テナーマン | トップページ | この若さ、このハイテクニック »

2010年9月 8日 (水曜日)

美しきフラグメンツ・2

マイルス・ディヴィスが、黒人ボクサー、ジャック・ジョンソンをテーマとした映画のサントラのコンプリートBOX。1970年2月18日から6月4日の録音。今日はその2枚目を・・・。

ゆったりとした、どう例えたらよいか、そう、ゆっくり歩くテンポから、テクテク歩くテンポの演奏のみが詰まった『The Complete Jack Johnson Sessions [Disc 2]』。ゆったりとしたテンポなんで、流石に「緩いかなあ」と思って聴いてみたら「あらビックリ」。

この『The Complete Jack Johnson Sessions [Disc 2]』は、そのゆったりとしたビートをバックに、マイルス(Miles Davis)のペットとジョン・マクラフリン(John McLaughlin)のギターを心ゆくまで愛でる、セッション・テープの集まりである。

ゆったりとしたビートというのは、演奏するにも難しく、そのビートをキープするのは更に難しい。その難しい「ゆったりとしたビート」を、エレベとトラムが手に手を取って、神妙に、時に熱く刻み続けていく。これって、なかなかの「聴きもの」です。エレクトリック・マイルスは「ビートが命」なのですが、ここでも、マイルスならではの「クールなビート」を聴かせてくれます。

しかし、改めて凄いなあと感心し、聴き耳を立ててしまうのが、マイルスのトランペット。延々と続く、ゆったりとしたシンプルなビートをバックに、様々なニュアンス、様々な音色、様々なフレーズで、マイルスは、ペットの音を紡いでいきます。そのクールでカラフルな展開に、ついつい聴き入ってしまいます。

Miles_complete_jackjohnson

ギターのマクラフリンも、なかなか面白いエレギを聴かせてくれます。マイルスには「ジミ・ヘンドリックスの様に弾け」と言われていたみたいですが、確かにジミヘンが入っていますが、そのフレーズは、決して「ロック」では無い。あくまで「ジャズ」です。「ロック・ギター」は「リフ」で聴かせるが、「ジャズ・ギター」は、あくまで「フレーズ」で聴かせる、という違いでしょうか。

でも、これが、今の耳で聴いても、実にクールなんですよ。マクラフリンが全知全霊を込めて、マイルスの為にエレギを弾いている様が見えるようです。

このセッションが敢行されたのは、1970年2月18日から6月4日。1970年という時代におけるロックの演奏と比較すると、圧倒的に、このエレクトリック・マイルスの演奏の方が内容も濃く、テクニックにも優れ、なんといっても、底に流れる「ビート」の存在感が凄い。「ロック」なんて目じゃない。そんな、マイルスの矜持が強く感じられるセッションのフラグメンツである。

この『The Complete Jack Johnson Sessions [Disc 2]』は、そのゆったりとしたビートが前提のセッションの集まりなので、「絶対に途中で飽きるなあ」と思ったのですが、初めて聴いた時以来、何度も聴き直していますが、不思議と飽きません。というか、いつも最後まで聴き通してしまいます。これぞ、エレクトリック・マイルスは「ビートが命」の真骨頂でしょう。

そう感じるのは、マイルス者だけなのかなあ。というか、僕だけなのかなあ。でも、この2枚目のCDも、結構「イケます」。聴く方も、ゆったりとリラックスしながら、そのゆったりとしたビートが前提のセッションを愛でる。マイルス者だけが感じる「幸せ」かもしれません(笑)。 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« 不世出の早熟の天才テナーマン | トップページ | この若さ、このハイテクニック »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/36617930

この記事へのトラックバック一覧です: 美しきフラグメンツ・2:

« 不世出の早熟の天才テナーマン | トップページ | この若さ、このハイテクニック »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ