最近のトラックバック

« 熱いぞ! エルビン・スクール | トップページ | エレクトリック・マイルスの基本 »

2010年8月 4日 (水曜日)

凄い「一期一会」なプロジェクト

ジャズ・ミュージシャンって、自分の腕一本、自分の才能一つで勝負する「個人商店」的な面が強くて、ロックみたいに、ある一定期間、一緒に集まってバンドを組んで、一緒に演奏するということが、あまり無い。

逆に、ロックの世界では殆ど無いんだが、優れた「個人商店」的な強者が、ある一瞬、パッと集まって、凄いパフォーマンスを繰り広げて、あっと言う間に、また別れ別れ、バラバラで活動するということがジャズでは良くある。

この「The Manhattan Project」も、ジャズの世界特有の「一期一会」プロジェクトの一つ。プロジェクトを形成する「強者ども」とは、Wayne Shorter (ts, ss), Michel Petrucciani (p), Stanley Clarke (b), Lenny White (ds), Gil Goldstein, Pete Levin (key,syn)。うえ〜、凄いメンバーである。録音日は、1989年12月。メインストリーム・ジャズが復古を果たし、新生ブルーノートも軌道に乗った、ジャズ復権の時代である。その時代の環境が、この類い希な「一期一会」プロジェクトを生み出したといっていいだろう。

収録曲を見渡すと、

1. Old Wine, New Bottles
2. Dania
3. Michel's Waltz
4. Stella by Starlight
5. Goodbye Pork Pie Hat
6. Virgo Rising
7. Nefertiti
8. Summertime

結構、有名なジャズ・スタンダードが選曲されていて、どうせ、ジャズ・ミュージシャンが、ぱぱっと集まって、聴衆に迎合するように、ハードバップな演奏を繰り広げて、はい、一丁上がり的なオールスター・セッションではないの、と思ってしまうんだが、これがなんとまあ、ところがどっこい、ぎっちょんちょん、なのである(笑)。
 

The_manhattan_pj

 
まず、サックスのウェイン・ショーターが吹きまくっている。ブワーッ、ウネウネウネ〜、ブブブッ〜と、モーダルなインプロビゼーションを、渾身の力を込めて、吹きまくっている。ここまで吹きまくるショーターも珍しい。このブロウを聴けば、やはりウェインのその実力たるや、決して侮ってはいけない、と心から思ってしまう。

そして、ピアノのペトルチアーニが、ショーターに続く。渾身の力を込めて、これまた、モーダルなピアノソロをガンガンに弾きまくる。これが「モーダルなピアノソロなんじゃ〜」って感じで、弾きまくる弾きまくる。確かに、これがモーダル・ジャズ、これがモーダルなピアノソロだと感心してしまう。

加えて、リズム・セクションが凄い。ベースのスタンリー・クラークとドラムのレニー・ホワイト。ん〜っ、この二人って、第2期Return to Forever(リーダーはチック・コリア)のリズム・セクションやん。このリズム・セクションが凄い。全くハードバップな雰囲気は無視。スタンリー・クラークはエレベをベンベン、チョッパーをバシバシやりまくり、レニー・ホワイトは、4ビート基調なのか8ビート基調なのか判らん、とにかくビート最優先、ポリリズムをガンガンに渾身の力を込めて叩きまくる。

スタンダード曲に顕著な「斬新な曲想」、そして「捻りの効いた新鮮なアレンジ」。その新しいジャズのアプローチを基に繰り広げられる、職人芸的でハイテクニックな、新しい響き満載のアドリブ。冒頭の「Old Wine, New Bottles」から、ラストの「Summertime」まで、一気に聴き通してしまいます。それだけ、演奏内容に優れ、聴いていて楽しい、密度の濃い演奏。でも、決して疲れない。

それは、Gil Goldstein, Pete Levinの二人の電子キーボードが奏でる和音中心のバッキング。この二人のキーボードは、決してソロを弾かない、決してテーマを弾かない。和音でフロントモーダルなソロを、彩り豊かにサポートする。この二人のキーボードのバッキングが実に効いている。このキーボードのバッキングが、このライブ演奏を彩り豊かで、聴き易い雰囲気に染め上げでいる。

現在、廃盤状態みたいですが、どうして廃盤状態なのかなあ。米国amazonでは手に入るんですが・・・。DVDは入手可能な様ですね。聴けば判る。良いアルバムです。日本人からすると「ドキッ」とするプロジェクト名ですが、このプロジェクトの内容は凄まじいものがあります。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。  
 

保存

« 熱いぞ! エルビン・スクール | トップページ | エレクトリック・マイルスの基本 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/36029395

この記事へのトラックバック一覧です: 凄い「一期一会」なプロジェクト:

« 熱いぞ! エルビン・スクール | トップページ | エレクトリック・マイルスの基本 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ