« 日本ジャズの「女子力」 | トップページ | う〜ん、画期的に良くなった・・・ »

2010年8月 8日 (日曜日)

熱い!エレクトリック・マイルス

1969年、エレクトリック・マイルスは飛翔を始める。1969年2月に『In A Silent Way』を録音、1969年7月に、フランス・アンティーヴでのライブの模様を収めた『1969 Miles: Festiva De Juan Pins』。1969年8月には、エレクトリック・マイルスの基本『Bitches Brew』を録音。凄まじい「前進に次ぐ前進」。

エレクトリック・マイルスはライブで、その真価を更に発揮させるのだが、そういう意味では『1969 Miles』は凄いライブ盤だ。分厚いユニゾン&ハーモニー、凄まじいポリリズムを叩きまくるドラム。怒濤のようなビートを支える太いベース。最高に自由に多種多様な音色を紡ぎ出すエレピ、そんなリズムセクションが叩き出すビートは、今の耳にも新しい、唯一無二な「マイルスのビート」。そのビートをバックに、マイルスがショーターが吹きまくる。フリーにモーダルに吹きまくる。

そんな「ロスト・クインテット」のライブ盤がもう一枚ある。実はブート盤(海賊盤)あがりのライブ盤なんだが、そのタイトルは『Double Image』。もともとはブートとして出ていたものを2枚のCDに分け、それぞれ『Gemini』と『Double Image』という2タイトルに分けて、正式盤としてリリース。日本盤もリリースされんだが、僕はその日本盤の『Double Image』(写真左)の方を手に入れた。

パーソネルは、当然、Miles Davis (tp), Wayne Shorter (ss,ts), Chick Corea (elp), Dave Holland (b), Jack DeJohnette (ds)。1969年10月27日の録音である。収録されているのはメドレーの演奏1曲のみ。そのメドレーとは、「Free Improvisation 〜 'Round About Midnight 〜 Masuqualero」。音質的には、ブートとしては「まずまず」。『1969 Miles』が出るまでは、貴重な「ロスト・クインテット」のライブ盤だった。

Miles_double_image

この『Double Image』では、もちろん「ロスト・クインテット」全体の演奏が凄まじいが、とりわけ、ウェイン・ショーターのテナーが凄い。火を噴くような、爆発するような、エモーショナルな、限りなくフリーな、素晴らしいハイテクニックで気合いの入ったショーターのソロが存分に堪能できる。録音バランス的にショーターのテナーの音がしっかりと真ん中に定位しているのも良い。

もちろん、マイルスも凄い。ショーターと同様に、火を噴くような、爆発するような、エモーショナルな、限りなくフリーな、素晴らしいハイテクニックで気合いの入ったソロが凄い。しかも、このブート盤では、マイルスのソロが『1969 Miles』と比べて、かなりメロディアス。決して同じ演奏は繰り返さない、そんな「ジャズ本来の在り方」を追求するような、様々なバリエーションでの、一期一会なライブが、当時、繰り広げられていたことを物語る。

ベースのホランドとドラムのディジョネットのリズム・セクションの凄さは「当然」。凄いテンションの高い、高密度な演奏。それでいて、激しく自由度が高く、硬軟自在、伸び縮み自由、緩急自在。「へヴィー&フリーキー」なビート。この類い希なビートを叩き出すリズムセクション。収録されているメドレー演奏1曲、36分22秒、聴き終えたら、もう「ヘトヘト」になる。心地良い疲労感に包まれる。

音はちょっと悪いけど、聴けないほどではないので気にしない。熱い夏に「熱いエレクトリック・マイルス」。今年の酷暑、もう既に精神的には「溶けてヘロヘロ」なんですが、そんな夏バテの心に「がつん」と響く、エレクトリック・マイルス。いわゆるロスト・クインテットのライブ演奏、いつ聴いても凄いですね。気持ちが沸き立ち、心がポジティブになります。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« 日本ジャズの「女子力」 | トップページ | う〜ん、画期的に良くなった・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱い!エレクトリック・マイルス:

« 日本ジャズの「女子力」 | トップページ | う〜ん、画期的に良くなった・・・ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー