« ECMのユニークなアルバム達・1 | トップページ | Verve時代の傑作トリオ盤『Trio '65』 »

2010年8月22日 (日曜日)

「ジャズの小径」8月号アップです

いやはや、まだまだ暑いですなあ。とは言いつつ、我が千葉県北西部地方は、朝は日陰でじっとしておれば、涼しい風が吹き抜けるようになり、夜は夜で、ベランダに出ると、やや涼しい夜風が頬をすり抜けるようになった。「うむ、秋はそこまで来ている」と思い込みたいのだが、その「思い」を打ち破るほどの日中の暑さである(笑)。

ハードに、ガンガンにジャズを聴き込み過ぎた時、ちょっとリラックスして、何も考えずに、気持ちの良いフュージョンなどを聴きたくなる。しかも、心がスカッとする、爽快感溢れるフュージョンが良い。そんな時、結構、ピックアップするのが「パスポート(Passport)」、と語ったのが、2009年11月12日のブログ。

「パスポート(Passport)」とは、ドイツのジャズロック&フュージョンのバンド。パスポートのリーダーはサックスのクラウス・ドルディンガー(Klaus Doldinger)。 この人は、ニューオリンズの名誉市民の称号も与えられた人。かつてはドイツのジャズ大使と言われ、このサックスの名手クラウス・ドルディンガーは「ネバー・エンディング・ストーリー」などの映画音楽でも知られている。ドルディンガーが母国ドイツに戻り、結成したジャズロック&フュージョン系のバンドが「パスポート」である。

Passport

バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」、名物月次更新コーナー「ジャズの小径」の8月号は、この「パスポート」のアルバムを2枚ご紹介することとしました。2009年11月12日のブログ原稿に大幅加筆、若干修正をして、リニューアル原稿としてのアップです。

僕にとっては、「パスポート」の音は、NHK-FMの深夜番組「クロスオーバー・イレブン」御用達という印象が相当に強く残っています。今月の「ジャズの小径」では、この懐かしの「クロスオーバー・イレブン」についても語りながら、「パスポート」の音楽をご紹介していますので、乞うご期待。

そして、最後の決め台詞は・・・、これでしょうね・・・・(笑)。

「もうすぐ、時計の針は、12時を回ろうとしています。
 今日と明日が出会う時、クロスオーバー・イレブン」

さあ、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」(左をクリック)にお越し下さい。「ジャズの小径」のコーナーは11年間分の記事がアーカイブされていて、読み応え十分です。特に、ジャズ者初心者の方々にお勧めです。松和のマスター一同、お待ち申し上げております m(_ _)m。  
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。  
 
 

« ECMのユニークなアルバム達・1 | トップページ | Verve時代の傑作トリオ盤『Trio '65』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャズの小径」8月号アップです:

« ECMのユニークなアルバム達・1 | トップページ | Verve時代の傑作トリオ盤『Trio '65』 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  

カテゴリー