最近のトラックバック

« 「ジャズの小径」6月号アップです | トップページ | 日本女子のアルト有望株である »

2010年6月27日 (日曜日)

パット・メセニーの「長年の相棒」

6月24日のブログ(左をクリック)で、パット・メセニーの『Orchestrion』について語った訳だが、このアルバムのパットのソロを聴くにつけ、パット・メセニー・グループ(以下PMGと略)の音世界って、やっぱり、パットの音の個性によるところが大きいんやなあ、ということに改めて感心したした次第。

PMGの音世界は一言で言うと「フォーキーな、アメリカン・ルーツ・ミュージック的な音をグループサウンドのベースに据えて、実に叙情的で郷愁を感じる、力強さとセンチメンタリズムを併せ持ったサウンド」とでも表現したら良いか。実感していただくには実際のアルバムを聴いていただくしかないが、セカンド・アルバム『Watercolors』辺りがお勧めかなあ。

この『Watercolors』で、そのPMGのグループ・サウンドの要となる「キーボード」を演奏するのが、PMGの盟友「Lyle Mays(ライル・メイズ)」。このセカンド・リーダー作で、運命の出会いを果たしている。PMGのサウンドの基本である、叙情的な郷愁部分を大部分、キーボードに委ねて、パットは、自在にギター・サウンドを操れるようになった。

さて、改めて、ライル・メイズと言えば、言わずと知れたパット・メセニー音楽の重要パートナー。PMGには欠かせない存在である。どれだけPMGにとって必要不可欠な存在なのか。それは、ライル・メイズのファーストリーダーアルバム『Lyle Mays』(写真左)を聴けば直ぐに理解出来る。

冒頭の「Highland Aire」を聴けば、まるでPMGのアルバムを聴いているかのような錯覚に陥ります。出だしから、PMG独特のフォーキーでワールドミュージック的な響きに「ニンマリ」。それだけ、ライル・メイズのキーボードの音が、PMGの音の決め手になっているということですね。

ビートの面でも変幻自在で、このビートの「チェンジ・オブ・ペース」も、PMGの十八番ですね。ナナ・ヴァスコンセロスのパーカッションが実によく効いている。ナナのパーカッションの音も含めて、この1曲目の「Highland Aire」を聴けば、ECM時代のPMGの音を強く感じる。
 

Lyle_mays

 
しかし、3曲目の「Slink」をじっくり聴けば、ピアノのインプロビゼーションの部分は意外とコンテンポラリーな、正統派ジャズの音の感触を踏襲していて、ライル・メイズの演奏の基本がしっかりと伝統に根ざしていることが感じられます。ライル・メイズを単に「フュージョン世代のキーボード使い」と誤解する人がいますがとんでもない。ライル・メイズのピアノは正統派です。

5曲目「Northern Lights」から「Invocation」〜「Ascent」と3曲メドレーで続く「アラスカ組曲」。自然の音をジャズの演奏に置き換えたような、これぞ「ネイチャー・ジャズ」と呼んで良い、実に視覚的なイメージが湧いてきて、ライル・メイズのセンスに心底感心します。PMGの音世界の中でも良く聴くことのできる、この「自然の音」的な響きは、ライル・メイズによるところが大きいんですね。

2曲目の「Teiko」のどことなく和風・中国風なサウンドが全面に出てくるミステリアスな展開も面白く、ライル・メイズのピアノとシンセがひたすら美しく響く、ラストの「Close To Home」。音楽的なセンスも多角的で、ライル・メイズの音世界の多面性を感じる事ができます。良いアルバムです。

このライル・メイズの初リーダー作を聴いていて、ふと、ウェザー・リポートのキーボード奏者ジョー・ザビヌルを思い出した。ザビヌルのキーボードの音は緻密に準備された「人工的なポリフォニック・シンセの音」。ライル・メイズのキーボードの音は楽器の響きを自然に活かした「アコースティックで強く繊細なピアノの音」。ライル・メイズのシンセサイザーの音は、アコースティック・ピアノの音を惹き立たせる為にある。

ライル・メイズのキーボードの基本はアコースティック・ピアノである、ということをこの初リーダーアルバムを聴いて再認識した次第。やはり、基本をしっかり押さえているキーボーティストは息が長い。 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。   
  

« 「ジャズの小径」6月号アップです | トップページ | 日本女子のアルト有望株である »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/35527897

この記事へのトラックバック一覧です: パット・メセニーの「長年の相棒」:

« 「ジャズの小径」6月号アップです | トップページ | 日本女子のアルト有望株である »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ