最近のトラックバック

« 美人ベーシストの出現である | トップページ | マッコイの作編曲の才能 »

2010年6月20日 (日曜日)

チャールズ・ミンガスの到達点・2

『Something like a bird』(写真左)。 暴れん坊将軍、怒れるベーシスト&作編曲家チャールズ・ミンガスの最終作である。1978年のセッションである。先にご紹介した『Me Myself An Eye』(5月12日のブログ・左をクリック)と同日セッション。

チャールズ・ミンガスは亡くなるその時点まで、前進するアーティストであった。この『Something like a bird』は『Me Myself An Eye』と併せて、ミンガス・ミュージックの到達点と言えるだろう。ミスガス自身はもはやベースを弾いていないが、メンバーが凄い。

リー・コニッツ、チャールズ・マクファーソン、マイケル・ブレッカー、 ジョージ・コールマン、ペッパー・アダムス、ロニー・キューバー、 ランディー・ブレッカー、ジャック・ウォルラス、ジミー・ネッパー、スライド・ハンプトン、ラリー・コリエル、エディ・ゴメス、 ジョージ・ムラーツ、スティーブ・ガッド、ジョー・チェンバーズ、ダニー・リッチモンド等々、新旧の優秀なミュージシャンを集めに集めて、目眩くバップ・ジャズ・オーケストラな演奏を繰り広げている。日本人ミュージシャンについては、大森明、MALTAの2名が名を連ねている。

収録されている曲は以下の2曲。たったの2曲である。LP時代は、A面、B面1曲づつが配されていた。

1. Something Like A Bird
2. Farewell, Farwell

1曲目の「Something Like A Bird」は、31分12秒という長編であるが、高速演奏、高速展開の目眩くバップ・インプロビゼーション大会。テクニックのある限り、秘術を尽くしつつ、バップ・フレーズを、順番に新旧入り乱れて、ミュージシャン達が吹きまくる。それでいて、音の展開のベースがしっかりしているので、30分以上という収録時間にも拘わらず、緩んだところが無い。

Something_like_a_bird

そして、2曲目のタイトルが涙を誘う。「Farewell, Farwell」、さようなら、さようなら。ロック・フュージョン調のエレクトリック・ギターを大々的に導入し、整然と混沌のコントラストが印象的な、それでいて、揺るぎのない「ミンガス・ミュージック」に仕上がっている。特に、ユニゾン&ハーモニーの音の重ね方が、どう聴いても「ミンガス・ミュージック」なのだ。ダイナミックでスケールの大きい取り回し。ソロイストの最大限のスペース与える、懐深く、大らかな展開。

このアルバムの内容は、伝統的なジャズの展開に則りながら、フリージャズの要素、ロック的な要素、古くはビ・バップな要素、ワールドミュージック的な要素、様々な音楽的要素を無理なく取り入れて、実にスリリングな展開になっている。

少人数でジャズ・オーケストラな演奏というのが、若かりし頃をミンガス・ミュージックであったが、このアルバムでは、優れたミュージシャンを大量に招集して、個性を組み合わせて、王道を行くジャズ・オーケストラな演奏を展開しているところが痛快である。

チャールズ・ミンガスは、1978年の「Me, Myself an Eye/Something Like a Bird」セッションの後、体調が悪化、翌1979年1月5日永眠。LP時代、この1978年のセッションは、『Me, Myself an Eye』と『Something Like a Bird』2枚のアルバムに分けてリリースされ、この『Something like a bird』が最終作となった。

しかし、この『Something like a bird』を聴き終えて、決して、このアルバムが最終作なんて雰囲気は微塵も無い。まだまだ改善の余地を残した感じの「スケッチ風な部分」も残っており、まだまだ、ミンガス・ミュージックは進化する余地を十分に残していたと言える。実に残念である。でも、この「チャールズ・ミンガスの到達点」は、いつでもCDで楽しめる。この「チャールズ・ミンガスの到達点」は、ジャズ者への道の途中、避けて通れないもののひとつである。  
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。  
 
 

« 美人ベーシストの出現である | トップページ | マッコイの作編曲の才能 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/35378466

この記事へのトラックバック一覧です: チャールズ・ミンガスの到達点・2:

« 美人ベーシストの出現である | トップページ | マッコイの作編曲の才能 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ