最近のトラックバック

« GWです。音楽は少し横に置いて。 | トップページ | 真のフュージョン、真の異種交流 »

2010年5月 2日 (日曜日)

伝統的で真っ直ぐなジャズギター

この人のギターの響きは、なかなかユニーク。ジョンスコやジョンアバの様に「素敵に捻れている」訳では無い。音的には「伝統的」。しかし、その音は「真っ直ぐ」。ストレートに音を伸ばして、ビブラートやチョーキング、捻れは全く無い。

一言で言うと、伝統的なジャズギターの音色はしているし、奏法を踏襲してはいるが、音は「真っ直ぐ」ストレート。テナーでいうと、ちょっとコルトレーンの音の傾向に似ている。従来のジャズの様に、粘り着くようなジャジーな響きや、コテコテなファンキーな響きを出来る限り排除して、ストレートな響きで、シンプルにジャズを演奏する。そんな「伝統的で真っ直ぐなジャズギター」。

その音の主は、パット・マルティーノ(Pat Martino)。1944年8月生まれ。米国ペンシルヴァニア洲フィラデルフィア出身のジャズ・ギタリスト。彼をコルトレーンの様な「ジャズ・ギターのパイオニア」とする一部の熱狂なファンが存在する。

コルトレーンの「シーツ・オブ・サウンド」の様に、空間を埋め尽くすように音をギッシリと散りばめる奏法が特徴。巷では「マシンガン奏法」や「空間恐怖症」などと呼ばれることも少なくない。ちなみに彼は、ウェス・モンゴメリーやジョニー・スミス、ジョン・コルトレーンからの影響をカミングアウトしている。納得納得。

このパット・マルティーノのアルバムの中で、良く聴くアルバムの一枚が『Exit』(写真左)。1976年の作品。ギター・フリークの中では「超絶ギター・テクが聴ける歴史的名演奏」とされるが、僕は、後半のスタンダード演奏の3曲をこよなく愛している。
 

Exit_patmartino

 
その3曲とは「Days of Wine and Roses」「Blue Bossa」「I Remember Clifford」。パット・マルティーノのシャープでバカテクなギターで奏でるスタンダード曲は絶品。ほのかな色気も感じる、実に絶品な演奏である。

マルティーノのストレートな響きでシンプルにジャズを演奏するギターワークは、実に「無機質」に響く。粘り着くようなジャジーな響きや、コテコテなファンキーな響きを出来る限り排除した、この「無機質」な音に「ほとばしる熱気」を感じるのだから、マルティーノのギターは不思議。テンション溢れる、「シーツ・オブ・サウンド」の様に、空間を埋め尽くすように音をギッシリと散りばめる奏法がマルティーノの「熱気」の肝。

バックの好演も見逃せない。音の切れ味が良く、エッジの立った響きが印象的なギル・ゴールドスタインのアコースティック・ピアノ。リチャード・デイヴィスの重心低いベースはシッカリとバンドのビートを支え、ビリー・ハートのドラムも堅調かつ柔軟。

逆に、前半の自作の3曲「Exit」「Come Sunday」「Three Base Hit」については、アレンジや展開をリリース当時の1976年の流行に合わせている分、マルティーノの「マシンガン奏法」ギターはバッチリなのですが、今の耳にはちょいとレトロに響いてしまうのは「ご愛嬌」。後半のスタンダード3曲の引き立て役になっているので、これはこれで良し、ですかね〜(笑)。

「孤高のギタリスト」と呼ばれるに相応しい、唯一無二、フォロワーの存在を許さない、パット・マルティーノの独特の音世界が、このアルバムにギッシリとつまっています。パット・マルティーノ入門盤として、実に良い内容の佳作だと思います。  
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。  
 
 
 

保存

« GWです。音楽は少し横に置いて。 | トップページ | 真のフュージョン、真の異種交流 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/34487853

この記事へのトラックバック一覧です: 伝統的で真っ直ぐなジャズギター:

« GWです。音楽は少し横に置いて。 | トップページ | 真のフュージョン、真の異種交流 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ