« ビル・エバンスとベースの関係 | トップページ | 続・夜の静寂に、就寝前の一時に »

2010年5月26日 (水曜日)

夜の静寂に、就寝前の一時に

ジャズのアルバムは、本当に多岐に渡って、それぞれのアルバムが独特の雰囲気を持っている。そして、その独特の雰囲気を持っているアルバムが名盤と呼ばれたり、隠れた佳作として、密かに愛聴されるアルバムであったりする。

さて、松和のマスターの私が、夜の静寂、就寝前の一時、一日を振り返りながら、ちょっとした小説を読みながら、バックで流すアルバムが幾枚かある。ギターの音を聴きながら、一日を振り返りたい。そんな時、バックで流すアルバムが、Wes Montgomery(ウェス・モンゴメリー)の『A Dynamic New Sound』(写真左)。

正式名称は『The Wes Montgomery Trio』 (Riverside RLP 12-310)。ちなみにパーソネルは、Mel Rhyne (org) Wes Montgomery (g) Paul Parker (ds) 。1959年10月5日の録音。Wes Montgomery以外、無名と言えば無名。でも、演奏技術は確かな、オルガン=ギター・トリオである。

このアルバム、オクターブ奏法を引っさげたジャズ・ギターの天才、ウェス・モンゴメリーのアルバムなんだが、収録曲を見渡すと、それはそれは、「どスタンダード」と呼んでも良い、絵に描いた様な、大有名なジャズ・スタンダード曲が満載である。収録曲は以下の通り。

1. 'Round Midnight
2. Yesterdays
3. End of a Love Affair
4. Whisper Not
5. Ecaroh
6. Satin Doll
7. Missile Blues
8. Too Late Now
9. Jingles
 

Wes_montgomery_trio

 
1曲目の「'Round Midnight」、2曲目の「Yesterdays」、4曲目の「Whisper Not」、6曲目の「Satin Doll」などを見ると、敢えてこの曲を演奏するの〜、なんて思ったりする。しかし、この「どスタンダード」の演奏が、実にしっとりとしていて、実に心地良い雰囲気を提供してくれるのだ。

恐らく、オルガン=ギター・トリオという構成がそうさせるのだろう。明らかに、ブルージーでジャジーで、ミッドナイトな雰囲気が濃厚なのだ。オルガンの音が、ちょっと気怠く、ちょっとアンニュイ。それでいて、一本筋の通った硬派なギターソロ。そして、しっかりとさり気なく、全体を整え、全体を引き締める、そこはかとなく響くドラム。

夜の静寂、就寝前の一時、一日を振り返りながら、ちょっとした小説を読みながら、バックで流すアルバムに最適な一枚。逆に言うと、ジャズ喫茶では決して流すタイミングの無いアルバムと言えます(笑)。

アルバム全体を通じて、やはり主役のWes Montgomery(ウェス・モンゴメリー)のギターが全てです。必殺のオクターブ奏法は、まだまだ多用していませんが、ここぞ、と言う時に、実に効果的に、必殺オクターブ奏法が「炸裂」しています。これまた、そこが聴きどころでもあります。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。    
 

« ビル・エバンスとベースの関係 | トップページ | 続・夜の静寂に、就寝前の一時に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の静寂に、就寝前の一時に:

« ビル・エバンスとベースの関係 | トップページ | 続・夜の静寂に、就寝前の一時に »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー