最近のトラックバック

« 超絶技巧、純ジャズ・ギターライブ | トップページ | 西海岸ジャズの古き良き時代 »

2010年5月15日 (土曜日)

祝・BN4000番台コンプリート

今週の日曜日に強烈な喉の痛みに襲われ、月〜火曜日は市販の風邪薬で誤魔化していたが、水〜木曜日はどうしても、仕事上でしゃべり続けなければならない状況が続き、喉がやられた。そして、昨日、金曜日は朝から喉の痛みと激しい咳でダウン。久しぶりに内科医に行って抗生物質を貰って飲んで、なんとか快方に向かいつつある今日の土曜日。

昨日から大人しく床に伏せっていることが多いのだが、寝室には、小型のサブ・スレテオを設置してあるので、よっぽどな状態以外は、音楽は聴ける状況にある。久しぶりに風邪をこじらせて伏せったので、それはそれで、音楽をまとまって聴く時間がある、ってこと(笑)。新たに手に入れてたCDを2日で10枚ほど聴きました。

風邪をこじらせて、ってなんて不幸な、と思っていたが、「捨てる神あれば拾う神あり」という諺のとおり、良いこともあった。1週間ほど前に頼んでおいた、中古CDが手元に届いた。そのCDとは、The Three soundsの『Here We Come』(写真左)。ブルーノートの4088番。RVGリマスターの紙ジャケ仕様である。いや〜、探しに探した、リーズナブルな価格で中古提供される、ブルーノートの4088盤のRVG紙ジャケ仕様だった。

というのも、このThe Three soundsの『Here We Come』を入手して、ブルーノート・レーベルのカタログナンバー4001番〜4100番までの100枚がコンプリートした。ブルーノートとしては、有名な1500番台、1501番〜1600番までの100枚は以前にコンプリートしていたので、これで、1501番〜4099番までの199枚がコンプリートしたことになる。いや〜目出度い。

3sounds_herewecome

鬼門のアルバムは3枚あった。4065番のStanley Turrentine『Comin' Your Way』、Leo Parker『Rollin' With Leo』と、今回入手したThe Three soundsの『Here We Come』。特に、STANLEY TURRENTINE『COMIN' YOUR WAY』、LEO PARKER『ROLLIN' WITH LEO』は、ブルーノート活動当時、リアルタイムには発売されなかったもので、その後、幻の逸品ということで、企画物としてリリースされたことがあるだけのもの。日本でも過去一度だけCD化された難物。

特に、Stanley Turrentine『Comin' Your Way』は難物で、米国のamozonまで入って探し回り、やっとのことで、航空便で輸入して手に入れた。逆に、Leo Parker『Rollin' With Leo』は、米国でも日本でも廃盤、中古市場にも適当な出物が無い、という状態だったので、もう中古LPでも良いから手に入れようと思い詰めていたら、不思議と日本から再発されたのはラッキーだった。

そして、The Three soundsの『Here We Come』。このアルバムは、何度か日本でもCD再発されているので、気楽に構えていたら、どんどん在庫が無くなっていって、中古も非常識な価格設定がされるに至り、どうしたもんかと思案投げ首。こういうマイナーなアルバムはCD再発された時に、借金してでも、手に入れるべきですね。今回、たまたま、良心的な中古ショップが良心的な価格で、RVG紙ジャケ仕様を出してくれたので、見つけた時には、見境も無く「ポチッとな」である(笑)。

これで、やっと4000番台制覇。次は4100番台であるが、調べてみたら、約10枚程度の追加コレクションで達成できるということは判ったが、この4100番台にも、3枚ほど鬼門となるアルバムがある。さあ、どうやって攻略しようか。これから、ネットを使っての調査が楽しみになってきた。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« 超絶技巧、純ジャズ・ギターライブ | トップページ | 西海岸ジャズの古き良き時代 »

コメント

おめでとうございます~~crown!!
おおー!
4000番台には素敵なアルバムがいっぱいですよねheart04

今晩は〜 yurikoさん。松和のマスターです。

ありがとうございます〜。BN4000番台の蒐集は、1500番台に比べて
かなり骨が折れました。

米国のレコード会社は、BNのカタログに載っているアルバムの全てを
リリースするという歴史的価値については、全く理解していないよう
ですし、その歴史的価値が唯一理解できるのは、日本のレコード会社
なのですが、このところ日本のレコード会社も営利主義に走っていて、
ジャズのアルバム・コレクターの心を擽り、心から感心させるリリース
企画がこのところ皆無なので、ちょっとしんどかったです。

個人的には、BNのカタログにあるアルバムは全て常時、ジャズ者ファン
やコレクターの手に入るよう常時リリースされている状態が理想的だと
思うんですが・・・。
 
さあ、次は4100番台コンプリートが目標です。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/34708073

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・BN4000番台コンプリート:

« 超絶技巧、純ジャズ・ギターライブ | トップページ | 西海岸ジャズの古き良き時代 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ