最近のトラックバック

« 1971年のキース・ジャレット | トップページ | マッコイ・タイナーの傑作である »

2010年5月 6日 (木曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・12

僕が初めて「ファンキー・ジャズ」に触れたのは、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャースの『Moanin'』。タイトル曲の「Moanin'」の、コテコテなファンキーさときたら、それはもう、心から素晴らしい、と思いましたね〜。

で、その「Moanin'」、これって、曲時代が「ファンキー」なんですよね。この曲は、誰がどう演奏したって「ファンキー」に聴こえる。この作曲者は、Bobby Timmons(ボビー・ティモンズ)。

1935年12月、牧師の息子として生まれる。1956年にケニー・ドーハムが率いるジャズ・プロフェッツのメンバーとなる。世界的に名を揚げたのは、アート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズのメンバーとしてである。その時書いた名曲が「Moanin'」。そして、1974年3月、肝硬変のため没。38歳の若さであった。

僕は、このボビー・ティモンズのピアノは、ジャズ・ピアニストの中で一番「こてこて」ファンキーなフレーズを紡ぎ出す名手だと思っている。独特の1オクターブ和音の3連符奏法、そして、フレーズの最初の音を「ガ〜ン」とアタック良く叩くことで、リズムセクションのオフ・ビートに乗せて、湧き出るように紡ぎ出てくる「こてこて」ファンキーなノリ。

そんなティモンズの「こてこて」ファンキーなピアノが聴けるのが、『This Here Is Bobby Timmons』(写真左)。ボビー・ティモンズの初リーダーアルバムである。2曲目に、先に紹介した「Moanin'」が収録されている。キャノンボール・アダレイとのライブで有名な「This Here」は、アルバムの冒頭を飾る。

このアルバムは、さすがに彼の初リーダー作だけあって、ティモンズの本質を如実に表している。彼は2つの顔を持つ。「こてこて」ファンキーなピアノとパウエルライクなビ・バップなピアノ。ティモンズのピアノはそんな2面性の融合が「個性」である。

Timmons_this_here

この『This Here Is Bobby Timmons』でも、その2面性が楽しめる。「This Here」「Moanin'」「Dat Dere」「Joy Ride」の彼の自作曲では、「こてこて」ファンキーなティモンズのピアノが心ゆくまで楽しめる。独特の1オクターブ和音の3連符奏法、そして、フレーズの最初の音を「ガ〜ン」とアタック良く叩く「こてこて」ファンキーなノリ。黒さをじっくり押さえて、独特な奏法で、ファンキーさを醸し出す彼のピアノ・テクニックは「唯一無二」である。

そして、自作曲以外のスタンダード曲では、パウエルライクなビ・バップなピアノが楽しめる。というか、スタンダードを奏でるティモンズのピアノは、パウエル派なバップ・ピアノ奏法そのものである。しかも、テクニックは確かなもの。

とりわけ、3曲目の「Lush Life」、7曲目の「My Funny Valentine」でのティモンズの演奏は、彼は、完璧なパウエル派であるという「個性」を露わにしている。それにしても、テクニックは確か、そんな確かなテクニックの中で、パウエルとは似つかぬ「ファンキーさ」を表現している「個性」は、やはりティモンズならではのものである。 
 
ティモンズの「こてこて」ファンキーなピアノは、「俗っぽい」として敬遠される向きもある。しかし、音楽に「俗っぽさ」とか「芸術的」とか、何か明らかに、志の高低を決めるものがあるのだろうか。無いよな。僕は、このティモンズの「こてこて」ファンキーなピアノは、ジャズの歴史の中で唯一無二なものだと思っている。
 
ピアノ・トリオという最少人数で、これだけの「こてこて」ファンキーさを表現できるって、凄いピアノだと思います。ピアニストとしてのテクニックの確かさと、作曲・編曲の抜きん出た才能。この2つが兼ね備わっていないと表現できない芸当ではないかと。このティモンズの初リーダー作を聴くだけで、ティモンズが只者では無かったことが判ります。38歳の若さで亡くなったのが惜しまれます。 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« 1971年のキース・ジャレット | トップページ | マッコイ・タイナーの傑作である »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/34557965

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ・トリオの代表的名盤・12 :

« 1971年のキース・ジャレット | トップページ | マッコイ・タイナーの傑作である »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ