« ストレート・アヘッドなロウズ | トップページ | 超絶技巧、純ジャズ・ギターライブ »

2010年5月12日 (水曜日)

チャールズ・ミンガスの到達点・1

僕はチャールズ・ミンガス、この希有なベーシストの最高傑作は、1976年リリースの『Cumbia & Jazz Fusion』だと信じて疑わない(2009年7月12日のブログ参照・左をクリック)。

しかし、ミンガスは、この『Cumbia & Jazz Fusion』の後、3枚のアルバムを残している。チャールズ・ミンガスは亡くなるその時点まで、前進するアーティストであった。『Cumbia & Jazz Fusion』の後、この『Cumbia & Jazz Fusion』の成果を確固たるものにする為に、生前、後3枚のアルバムを作成した。その一枚が『Me Myself An Eye』(写真左)。1978年の録音。

このアルバムの録音時点で、ミンガスは車椅子に座っている。演奏はせず(できず)、自身のオーケストラを率いての「リーダー」という肩書だが、ミンガス・ミュージックは、あくまで前進している。その「前進」している音が、限りなく感動をさそうのだ。

1. Three Worlds of Drums
2. Devil Woman
3. Wednesday Night Prayer Meeting
4. Caroline Keikki Mingus

の4曲で構成されているが、どの曲も、ミンガス・ミュージックが色濃く反映されていて、出だしの3分位を聴くと、明らかにミンガス・ミュージックである、ということが明確に判る。
 

Mingus_memyselfaneye

 
テーマの作りが「制御された整然とした混沌」という、ミンガス・ミュージック独特な音で構成されている。感情のおもむくままの、垂れ流しのフリーキーな世界では無い。あくまで「制御された整然とした混沌」である。

一糸乱れぬアンサンブルと限りなく自由を与えられたアドリブ部と、そのコントラストが美しい。アンサンブルもアドリブも、良く耳を傾けると、かなり複雑なかなり高度な演奏を繰り広げている。力量のあるミュージシャンでないと対応できない、実に難解で、実に複雑なミンガス・ミュージックの「肝」である。

リーダーのミンガス自身がベーシストが故に「ビートとリズム」を重視した音作りは、今の耳にも「先進的」。ワールド・ミュージック的な要素もふんだんに取り入れている。1978年当時で、本質的に、真のフュージョン・ジャズを追求していたあたり、ジャズ界屈指のコンポーザー&アレンジャーであるミンガスの「矜持」をビンビンに感じる。

攻撃的でフリーキー、それでいて制御された構築美を誇るミンガス・ミュージックは、ここに極まれり、の感がある。単に感情にまかせてフリーキーに垂れ流す音楽を諫め、純ジャズとしての「行き方」を示した模範的演奏のひとつとして、是非とも再聴すべき、チャールズ・ミンガスの到達点、チャールズ・ミンガスの最後の成果である。

「制御された整然とした混沌」の世界は、まさにハードボイルド、まさに硬派な演奏である。決して甘くはないが、このミンガス・ミュージックの世界に、ジャズの良心が見え隠れする。ミンガス・ミュージックの面目躍如である。 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。  
 

« ストレート・アヘッドなロウズ | トップページ | 超絶技巧、純ジャズ・ギターライブ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャールズ・ミンガスの到達点・1:

« ストレート・アヘッドなロウズ | トップページ | 超絶技巧、純ジャズ・ギターライブ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー