最近のトラックバック

« マイルス・デイヴィス『Steamin'』 | トップページ | マイルス・デイヴィス『Relaxin'』 »

2010年4月16日 (金曜日)

マイルス・デイヴィス『Workin'』

このアルバムは、絶対にジャケット・デザインで損をしている。これはちょっと無いよなあ。道路工事の現場に煙草を吸いながら笑うマイルス。しかも、モノトーン、エメラルドグリーン一色。全く金をかけていない。というか気にしちゃいない。まあ、Prestigeレーベルなんで仕方が無い。

しかし、このアルバムも名盤ですぞ。マイルス・デイヴィスの『Workin'』(写真左)。ジャケット・デザインに騙されてはいけない。ジャケット・デザインに怯んではいけない(笑)。でも、僕もジャズ者初心者の頃、このアルバムには触手が伸びなかった。このジャケット・デザインは無いよな。このアルバムを手にしたのは、FMでこのアルバムの全ての収録曲を通して聴いた後・・・。

冒頭の「It Never Entered My Mind」が全てである。この「It Never Entered My Mind」の存在が、このアルバムの価値を決定づけている。右手シングルトーン、左手ブロックコードのレッド・ガーランドのシンプルで儚く美しい前奏で「やられる」。

凄くしみじみとした、素晴らしくシンプルで美しい前奏。聴く度に心がジーンとし、目頭が少し熱くなる。精神状態が不安定な時はウルウルしたりする。そんな目一杯情感のこもった、ゆったりとした美しい響き。そして、そのガーランドの素晴らしい前奏の後、滑り込む様にマイルスのミュートがテーマを奏でる。常に、この瞬間に、僕は至福の時を感じる。

素晴らしいバラード演奏である。これがハードバップの真髄である。ビ・バップ時代に、こんな情感溢れる美しいバラード演奏は無かった。この曲でのマイルスのミュート・トランペットが実に誠に素晴らしい。これぞ「リリカル」という表現がピッタリである。

Miles_davis_workin

しかも、というとファンに叱られるかもしれないが、この「It Never Entered My Mind」に、ゴツゴツとしたフレーズで、野太い音量の大きいコルトレーンは参加してこない。ただただシンプルに、ただただ朗々とマイルスは、情感溢れるバラードを、ミュート・トランペットで吹き上げていく。この演奏を聴く度に「ジャズは芸術」という言葉を思い出す。この演奏はアーティステックな高みに達した、至高のジャズである。

リーダーのダンディズム溢れる、アーティステックでリリカルなマイルスのペットと、ゴツゴツとしたフレーズで、野太い音量の大きいコルトレーンの対比が成功しているのは「It Never Entered My Mind」。この曲でのマイルスとコルトレーンの対比は素晴らしい。マイルスの狙い通りの、圧倒的な「対比」。無粋とも言える、ゴツゴツとしたフレーズで、野太い音量の大きいコルトレーンのテナーのお陰で、マイルスのペットが一層に映える。

他の演奏も良い。他の演奏は楽しい。当時のマイルス・クインテットの「Theme」が2パターン入っている。「It Never Entered My Mind」〜「Four」〜「In Your Own Sweet Way」〜「Theme」。そして、「Trane's Blues」〜「Ahmad's Blues」〜「Half Nelson」〜「Theme」。演奏の展開が2つに分かれている。

「Theme」は、マイルス・クインテットのテーマソング。この「Theme」で一連のセッションは完了。このアルバムは、スタジオ録音の音源を収録してはいるが、全体構成のコンセプトは「擬似ライブ・セッション」。通して聴いて実に楽しい、ライブ感溢れる内容となっている。

派手さはないが、当時のマイルス・クインテットの凄さを伝える、ライブ感溢れる演奏の数々。マイルス・クインテットの魅力という単純なものではない、このアルバムはジャズの素晴らしさをダイレクトに伝えてくれる。とにかく、冒頭の「It Never Entered My Mind」だけでも「買い」である。全体構成のコンセプトは「擬似ライブ・セッション」。通して聴くと「なお楽しい」。

ジャケット・デザインに騙されてはいけない。ジャケット・デザインに怯んではいけない。このアルバムは、ジャズ者初心者の方々のみならず、全てのジャズ者が聴くべき、アーティステックな高みに達した、至高のジャズである。  
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« マイルス・デイヴィス『Steamin'』 | トップページ | マイルス・デイヴィス『Relaxin'』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/34255165

この記事へのトラックバック一覧です: マイルス・デイヴィス『Workin'』:

« マイルス・デイヴィス『Steamin'』 | トップページ | マイルス・デイヴィス『Relaxin'』 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ