最近のトラックバック

« マイルス・デイヴィス『Workin'』 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・15 »

2010年4月17日 (土曜日)

マイルス・デイヴィス『Relaxin'』

プレスティッジのマラソン・セッション4部作の最後を飾るのは『Relaxin'』(写真左)。現代絵画キュビズムを思わせる「横たわる女性画」が印象的なジャケット・デザイン。

このアルバムには、レコーディングでの会話が断片的に収録されており、プレスティッジのマラソン・セッションの臨場感が感じられるところが最大の特徴。

冒頭の「If I Were A Bell」では、マイルスの「かすれ声」から始まる。「先に演奏して、後から曲を教えるよ」。指を鳴らしてのカウントが格好良い。そして、次の「You're My Everything」では、これまた最初に打ち合わせのような会話が入り、続いてガーランドの美しいシングルトーンのイントロが始まるが、イントロの途中で、マイルスが口笛を吹いて演奏を中断し、ブロックコード中心のイントロに変更させる。このやりとりが、これまた臨場感を強く感じさせて実に良い雰囲気だ。

ちなみに「You're My Everything」のイントロで、マイルスがガーランドに弾き分けさせる、このシングルトーンとブロックコードのニュアンスの違いに、僕は「ジャズ」の面白さを感じる。弾き方ひとつでこれだけニュアンスが変わるとは思わなかった、ジャズ者初心者の頃、妙に感じ入ったものだ。

これだけ弾き方ひとつでニュアンスをガラッと変えてしまうガーランド。実は、この『Relaxin'』でのガーランドのピアノは絶好調である。バラード良し、ハイテンポの曲も良し。右手のシングルトーンは良く回るし、左のブロックコードの伴奏を入れるタイミングは絶妙で狂いが無い。

Miles_davis_relaxin

ガーランドのピアノが好調なほど、マイルスのペットも好調になる。「You're My Everything」のバラード演奏は絶妙。ガーランドの右手シングルトーンとマイルスの独特ハーマン・ミュートの絡みが美しい。ガーランドのピアノが好調なので、ミッドテンポからハイテンポの曲が、実にノリの良い演奏になっていて、リズムセクションのチェンバースのベース、フィリージョーのドラムも、うきうきと弾むように、活き活きと軽やかにビートを刻んでいる。

僕はこのアルバムが、他の3枚に比べて、ちょっと聴く回数が少ないのだが、それはコルトレーンが原因。ゴツゴツとしたフレーズで、野太い音量の大きいコルトレーンのテナーは、やはり当時、未熟だって言われていたのも納得なんだが、この『Relaxin'』では、そのコルトレーンの「ゴツゴツとしたフレーズで、野太い音量の大きい」部分が、他の3枚よりも「耳につく」のだ。

特に「If I Were A Bell」は残念。好きな曲、マイルスの調子も良い、アレンジも良い、だけど、コルトレーンのソロが出てくると「う〜ん、うるさいなあ〜」と思ってしまう。5曲目の「It Could Happen to You」では、ソロが硬くぎこちなくて窮屈だ。とにかく当時のコルトレーンには、まだ抑制が効かない部分があって、マイルスのペットの音色との「効果的な対比」を越えて、あまりにゴツゴツし過ぎて、あまりに野太すぎて、音が大きいことも相まって「アンバランス感」だけが強く出ることがある。そんな「負」の部分が、このアルバムでは、他の3枚に比べて、ちょっと多いかな〜。

この『Relaxin'』では、コルトレーンの発展途上ぶりが浮き彫りになっている分、ちょっと他の3枚と比べて分が悪い。ラストの「Woody 'N You」の演奏が終わった後の会話が、その発展途上ぶりを想像させてくれて微笑ましいと言えば微笑ましい。プロデューサーかスタッフの誰かが「もう一回やろう」と言った声に対して、マイルスがすかさず苛立ち気味に「ホワイ?」と返す。一瞬走る緊張感。しかし、続いて、コルトレーンが一言。これはいったい・・・、緊張感を緩和させようとする機微なのか、脳天気なのか。「栓抜きどこ?」・・・・(笑)。 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« マイルス・デイヴィス『Workin'』 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・15 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/34268448

この記事へのトラックバック一覧です: マイルス・デイヴィス『Relaxin'』:

« マイルス・デイヴィス『Workin'』 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・15 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ