« 安らぎの「Goodby」 | トップページ | 気合いの入ったトリオである »

2010年4月22日 (木曜日)

個性的なアルバム達の合間に

ジャズはマイナーな音楽ジャンルだと言われる割には、世界的に見ると毎月毎月結構な数の新アルバムがリリースされている。特に、ヨーロッパに目を向けると実にディープで、こんなミュージシャンは知らんなあ、と思いながら聴いてみたら、なかなかの内容にビックリしたりする。

今日のアルバムは、デンマークのコペンハーゲンに飛ぶ。Mathias Algotsson Trio『In Copenhagen』(写真左)。カタカナ表記すると「マティアス・アルゴットソン・トリオ 」となるらしい。ここでは、名前のフル表記は長いので「マティアス」と呼ばせて頂く。

他のメンバーは、Ed Thigpen (ds), Jesper Bodilsen (b)。同地在住のジャズ・ドラムの巨匠エド・シグペン、デンマークの人気ベーシスト、イエスパー・ボディルセンを迎えてのトリオ編成のアルバムである。シグペンは、黄金時代のオスカー・ピーターソン・トリオのレギュラー・メンバー。1972年からコペンハーゲンに移住している。

ベーシストのボディルセンについては、僕は全く知らなかった。でも、まず、このピアノ・トリオアルバム、ボディルセンのベースが良い音、良いビートを出している。ペデルセン( Niels- Henning Orsted Pedersen)が乗り移ったとしか思えない、端正でしなやかで太い、ピッチのバッチリ合ったウォーキング・ベースは、このアルバムの「聴きもの」である。

シグペンのドラムは「これぞハードバップ的ジャズドラム」と言えるもので実に心地良いリズムを供給してくれています。シグペンの十八番であるブラッシュ・ワークは、やはり特筆もので、その技は「至芸」と呼ぶに相応しいものです。

In_copen_mathias

主役のマティアスのピアノは、端正、リリカル、音には適度に丸みがあって、尖っていないところが実に聴き易い。指も良く回るが、決して弾き過ぎない、適度なテンポで、適度なテンションで、リズム・セクションのビートに乗って、ウォームに弾き進めていくところが実に良い。

といって、歴代のジャズ・ピアニスト達の様な「絶対的個性」は無い。ジックリ聴いてみても、誰のピアノなのか判別できない。でも、実に美しいジャズ・ピアノである。

実は、このアルバムには「A列車でいこう」繋がりで出会った。「A列車でいこう」というスタンダード曲は、僕の大のお気に入りの曲で、この曲を聴いていると、常に「ジャズ」を感じて幸せな気分になる。そんな「A列車でいこう」を収録されているアルバムは、努めて入手するようにしているのだ。

このアルバムでの「A列車でいこう」は、マティアスのソロ演奏であるが、これがまた、ダイナミックで味があって、端正実直、誠実で正統派。良い感じの「A列車でいこう」です。この1曲でも、このアルバムは「買い」ですね。

このアルバムは。他の個性的なアルバム達の合間に、さり気なく流すのが良い感じ。ピアノの音を聴いても、誰のピアノか判らないけど、その端正、リリカル、音には適度に丸みがあって、尖っていないところが、聴いていて実に「ホッとする」。

シグペンのドラムとボディルセンのベース含めて、ほのかにロマンティシズム香る、端正実直、誠実で正統派なピアノ・トリオは、安定感抜群、聴き心地良しです。  
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« 安らぎの「Goodby」 | トップページ | 気合いの入ったトリオである »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個性的なアルバム達の合間に:

« 安らぎの「Goodby」 | トップページ | 気合いの入ったトリオである »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー