最近のトラックバック

« ビル・エバンスとドラマーとの相性 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・11 »

2010年4月25日 (日曜日)

「ジャズの小径」4月号の更新です

バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」は、1999年1月から運営しているので、もう早12年目に突入している。そして、毎月更新のコーナー「ジャズの小径」は、1999年4月から毎月更新を続けているので、今月で丸々11年、132作の「最近聴いたジャズ、季節の雰囲気にあったジャズ」のアルバムをご紹介し続けてきた。

さすがに11年もの間、毎月毎月休み無くアップし続けていると疲れも溜まってくる。最初の頃は「ジャズの小径」に対して、色々と御意見、励ましのお言葉などをいただけたので、それが大きな励みとなって、毎月更新の記録を伸ばして来た。が、最近はここまで来れば、もう意地である(笑)。でも、ネットの皆さん、この「ジャズの小径」のコーナー、読んで下さっているのかなあ。読まれていないコーナーを意地だけで更新し続けるのもなんだしなあ(笑)。

といって、このコーナーを止めるつもりはないんですけど・・・。ということで、「ジャズの小径」4月号の更新です(笑)。

さて、ジャズのビートやジャズの音のエッセンスは、他のジャンルの音楽に実に取り入れ易い。ジャズのビートはバラエティ豊かで、メリハリが効いているので、他のジャンルの音楽のそこかしこに、スパイスの様に取り入れられている。

Jazz_komichi_201004

そんな他のジャンルを取り入れられたり、他のジャンルの取り入れられたりして、メインストリーム・ジャズからちょっと離れたところに位置する「音楽ジャンル」がフュージョンである。他のジャンルには、当然、ロックもあるし、クラシックもある。フラメンコもあれば、R&Bもある。レゲエもあればボサノバもある。ジャズをベースにした「多国籍音楽」が、現代のフュージョン・ジャズである。

さて、今年はちょっと寒くて雰囲気が出ないが、春はフュージョン・ジャズがピッタリだと僕は思っている。寒い冬が明けて、暖かい春が来て、強く感じる開放感。明るくキラキラ光る陽光に映える新緑。そんなウキウキした気分には、ちょっとライトでリラックスして聴けるフュージョン・ジャズが一番。

今月のジャズの小径は「時にはこんなフュージョン・ジャズ」と題して、ちょっと変わり種のフュージョン・ジャズのアルバムを2枚ご紹介しています。キーワードは「フラメンコ」と「カリビアン」です(笑)。当ブログでの過去記事からピックアップし、修正加筆しています。ちょっと変わり種のフュージョン・ジャズ。うららかな春の気候、陽光にピッタリの雰囲気です。
 
バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」(左をクリック)にお越し下さい。「ジャズの小径」のコーナーは11年間分の記事がアーカイブされていて、読み応え十分です。特に、ジャズ者初心者の方々にお勧めです。松和のマスター一同、お待ち申し上げております m(_ _)m。 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« ビル・エバンスとドラマーとの相性 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・11 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/34383272

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャズの小径」4月号の更新です:

« ビル・エバンスとドラマーとの相性 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・11 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ