« 「Monk in Italy」を愛でる | トップページ | M・ブーブレ『Crazy Love』・1 »

2010年3月14日 (日曜日)

不思議な「バンガード・ライブ」

我が日本では、コルトレーンを「絶対」として信奉しているところがあって、コルトレーンのアルバムの全ては「賞賛」のトーンで占められていることが多い。でも、彼のアルバムを聴いていると、「どうもこのアルバムを良く判らんな〜」と感じる、不思議なアルバムが幾枚かある。

僕は、このコルトレーンの『Live at the Village Vanguard』(写真左)が、ジャズ初心者の頃から、不思議なアルバムの一枚である。収録された曲は、たったの3曲。パーソネルは、John Coltrane (ss, ts), Eric Dolphy (as, bcl), McCoy Tyner (p), Reggie Workman (b-1,2), Jimmy Garrison (b-3), Elvin Jones (ds)。ベースは、レジー・ワークマンとジミー・ギャリソンを使い分け。収録日は、1曲目が「1961年11月3日」。2〜3曲目は「1961年11月2日」。

1. Spiritual (13:50)
2. Softly, As in a Morning Sunrise (6:40)
3. Chasin' the Trane (16:11)

1曲目は「Spiritual」。タイトル通り、出だし、冒頭の、祈りの様な荘厳なテーマをコルトレーンが朗々と吹き上げる。そして、そこにドルフィーのバスクラが、まるでお経のように絡む。しかし、この後が続かない。

コルトレーンのソロは、なんだか不完全燃焼っぽく、抑制されたままで完了し、ドルフィーのバスクラは、何となく窮屈そうで、何となく吹きにくそうで、これもなんだか不完全燃焼っぽく終わる。期待のマッコイもピアノもあまり目立たず、「こりゃあかん」と思ったか、再び、ソプラノサックスを手にコルトレーンが割り込んで、ややテンション上がって、その後の展開への期待感が高まるが、ほどなく終わりのテーマを迎えてしまう。う〜ん、不完全燃焼を絵に描いたような演奏。

2曲目は、大スタンダード曲、邦題は「朝日のようにさわやかに」。この曲では、ピアノのマッコイ・タイナーが凄い演奏を繰り広げる。コルトレーンのお株を取ったような、ピアノでの「シーツ・オブ・サウンド」。凄いテクニックでの早弾き、敷き詰めた様な音符の洪水。恐らく、曲の調子が、マッコイのピアノの感性に合うんだろう。とにかく、ここでのマッコイは凄い。
 

Coltrane_live_vv

 
しかし、ドラムのエルビン・ジョーンズがブラシからスティックに持ち替えたタイミングで、コルトレーンのソプラノサックスが乱入するが、全編通して、コルトレーンはあまり目立たない。そして、フロントのパートナー、ドルフィーの出番は「無し」。マッコイに唖然とするが「それだけ?」って感じのライブ演奏。

3曲目の「Chasin' the Trane」に期待がかかる。この曲は単純なメロディに、リズムは基本的に4ビート。その単純な構成の曲の中で、15分以上に渡ってコルトレーン吹きまくり、エルヴィン叩きまくり、でちょっと熱気溢れるが、ベースのギャリソンは良く聴こえず、マッコイのピアノはオミットされ、ドルフィーは最後のテーマでちょっとだけ音を出すのみ。

この『Live at the Village Vanguard』は「不完全燃焼」を絵に描いた様なライブ盤なのではないだろうか。主役のコルトレーンにしても決して「絶好調、凄い、素晴らしい」という感じじゃないし、ドラムのエルビンも無理して詰め込んだ感が残るし、ピアノのマッコイは、2曲目の凄まじいパフォーマンスがあって幸せだが、3曲目では完全オミット。ベースの両名は全く目立たず。そして、客演のドルフィーは、何となく窮屈そうで、何となく吹きにくそうで、結局目立たず終わる。総じて、グループ・サウンズとして著しくバランスを欠くライブ盤だと思う。

やはり、この時のライブ演奏の凄さを感じるには、この時のライブの全貌をおさめた『The Complete 1961 Village Vanguard Recordings』を聴くしかない。しかし、このコンプリート盤を聴くと、カットされていたエリック・ドルフィーの演奏が完全に収められていて、とりわけ、このドルフィーの演奏が凄まじかったことが良く判る。ここでのドルフィーのソロは、コルトレーンを凌駕していると言っても過言ではない。主役のコルトレーンを食ってしまったドルフィーの演奏は、コルトレーン名義では出せなかっただろうな。

僕は、この『Live at the Village Vanguard』については、2曲目のマッコイの凄まじい、ピアノ「シーツ・オブ・サウンド」を楽しみに聴きます。極論すれば、僕にとっての『Live at the Village Vanguard』は、コルトレーンでもなければドルフィーでもない、マッコイのピアノを愛でるためにあると言っても過言ではない。本当に不思議な「バンガード・ライブ」である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 

« 「Monk in Italy」を愛でる | トップページ | M・ブーブレ『Crazy Love』・1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な「バンガード・ライブ」:

« 「Monk in Italy」を愛でる | トップページ | M・ブーブレ『Crazy Love』・1 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー