最近のトラックバック

« 欧州的なウネウネ捻れたギター | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・5 »

2010年3月 5日 (金曜日)

ジョン・アバを「もう一丁!」

ジョン・アバークロンビー(略して「ジョン・アバ」)。その捻れたフレーズとサスティーンが効いたろんぐとーんなフレーズは、長年の僕のお気に入りである。

そのジョン・アバのアルバムであるが、気軽に聴くには、やはり昨日ご紹介した『Timeless』に勝る者無し。ネットをしながら、はたまた通勤のお供には、ロックテイストが聴き易い、当時のジャンル言葉でいう「クロスオーバー」な音の雰囲気が、お気軽感を醸し出してくれる。

でも、ジョン・アバのウネウネした、気持ち良く適度に捻れたギターを愛でる目的では、『Gateway』(写真左)の方が良くCDプレイヤーのターンテーブルに載る機会が多い。1975年3月の録音。ジョン・アバの2枚目のソロ・アルバムである。

パーソネルは、John Abercrombie (g), Dave Holland (double-bass), Jack DeJohnette (ds)。ジョン・アバの初ソロアルバムでの、国籍不明なキーボーダー、ヤン・ハマーが、当時、ジャズ界で、クロスオーバーでプログレッシブなベーシストとして勇名を馳せていたデイブ・ホランドに代わっている。

Gateway

限りなくフリーな要素を持ったデイブ・ホランドのベースを迎えて、この『Gateway』は、限りなくフリーな演奏が特徴。ジョン・アバのウネウネした、気持ち良く適度に捻れたギターが、限りなくフリーキーな雰囲気を得て、より一層捻りまくる、より一層フリーに弾きまくる。

ドラマーのディジョネットも、限り無くフリーキーな雰囲気の演奏は望むところ。当時、ジャズ界で圧倒的に先進的で尖ったメインストリーム・ジャズを奏でていた、マイルス楽団の現役ベース、現役ドラマーを向こうに回して、ジョン・アバは、限りなく自由に、限りなくねじ曲がりながら、限りなくロングトーンな、ジョン・アバしか出来ないフレーズを連発しまくる。圧巻である。

全編に渡って、ビンビンに感じまくる「テンションとスリル」。特に、このアルバムを覆うテンションの高さは息が詰まるほどに、アグレッシブなジョン・アバは圧巻。でも、欧州的なフレーズの流麗さがそれを緩和する。ECMらしい内省的なサウンド。ジョン・アバには、ECMレーベルがよく似合う。

3者3様の個性がぶつかり合って、唯一無二な、一期一会な。高テンションな、限りなくフリーな純ジャズを聴かせてくれる。エレクトリック・ギターがメインの演奏だからと言って、気を許してはいけない。マイルス楽団の現役ベース、現役ドラマーを向こうに回して、聴きやすさ、楽しみやすさ優先のフュージョン・ジャズを期待してはならない。この『Gateway』には、硬派なプログレッシブな、ぎりぎり純ジャズな音がぎっしりと詰まっている。  
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« 欧州的なウネウネ捻れたギター | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/33646925

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・アバを「もう一丁!」:

« 欧州的なウネウネ捻れたギター | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・5 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ