最近のトラックバック

« 大人のエレクトリック・ファンク | トップページ | ジョン・アバを「もう一丁!」 »

2010年3月 4日 (木曜日)

欧州的なウネウネ捻れたギター

今日は朝から「寒の戻り」の我が千葉県北西部地方。どんより鉛雲。こんなにヒンヤリ冷え込んだ寒い朝、鉛色の空。ふと、昔、訪れたロンドンの冬を思い出す。

こんな寒い朝、鉛色の空を見ると、欧州的なジャズを聴きたくなる。しっとりとウェット感のある、それでいて、一筋縄ではいかない、プログレッシブで個性的な音。そんな音が聴きたくてたまらなくなる。

そんな欧州的なジャズが聴きたくなった時、必ず聴くジャズ・ギターがある。ジョン・アバークロンビーである。出身地は米国ニューヨーク州ポートチェスター。ジャズギタリストで、1944年12月生まれ。ジョン・アバークロンビー、長い名前である。「ジョン・アバ」と呼んでいる。

そう言えば、もう1人、同じような名前のお気に入りギタリストがいたぞ。そうそう、こちらはジョン・スコフィールド。略して「ジョン・スコ」。出身地は米国はオハイオ州デイトン。ジョン・アバ、ジョン・スコ、どちらとも、ウネウネした、気持ち良く適度に捻れたギターを弾く、多彩なプレイ・スタイルでおなじみのギタリスト。

どちらも米国出身で、ウネウネした、気持ち良く適度に捻れたギターを弾くんだが、ジョン・アバは、欧州的に音が濡れている。逆に、ジョン・スコは、米国的に音が乾いている。同じウネウネ捻れギターなんだが、音の性質は正反対。恐らく、所属したレーベルによる音の違いなのかもしれない。ジョン・アバは、かの欧州を代表するレーベル、ECMレーベルの所属。

そんなジョン・アバを初めて聴いたアルバムが『Timeless』(写真左)。1974年6月の録音。栄えあるジョン・アバの初リーダーアルバムである。パーソネルは、John Abercrombie (g), Jan Hammer (org, syn, p), Jack DeJohnette (ds)。凄いメンバー構成だ。特に、音楽ジャンル範疇不明なキーボーダー、ヤン・ハマーの存在が妖しい光彩を放っている。
 

Timeless

 
ジャズを聴き始めた頃、友人に紹介された。プログレッシブ・ロックが好きなら、このアルバムがプログレらしくていいぞ、と勧められた。が、プログレとは全く違う、実にジャジーな演奏。そもそも、バンドを統率する「ビート」が全くロックとは異なる。このアルバムの「ビート」は、どこから聴いてもジャズのビートである。

もともと欧州という環境は、プログレッシブ・ロックとジャズの境界線が曖昧である。確かにロックっぽい音はするにはするが、ビートやフレーズの作り、コードの捻れた展開はジャズならではのもの。ロックでは、これだけアカデミックな演奏にはならない。

このアルバムがちょっとプログレ的雰囲気を宿しているのは、ヤン・ハマーの存在だろう。彼のキーボードがちょっとプログレ的な響きがこのアルバムの面白いところ。ジョン・アバのウネウネした、気持ち良く適度に捻れたギターは全開。欧州的に音は、しっかり濡れている。サスティーンが効いたロングトーンなフレーズは彼独特のもの。好きになれば、とことん病みつきになる。

そこに、音楽ジャンル範疇不明なヤン・ハマーのキーボードが絡む。不思議なグルービーが蔓延する。このグルービーを更に煽るのが、デ・ジョネットのドラム。凄くポリリズミックな疾走感溢れるデ・ジョネットのドラムが、ジョン・アバとハマーを煽りまくる。

収録されたどの曲も魅力的。初ソロ・アルバムで、既に、個性を確立していたジョン・アバのギターは爽快の一言。しかし、その「爽快感」は素直で万民に判りやすいものではない。ウネウネした、気持ち良く適度に捻れたギターが耳に馴染めば「お気に入りのギタリスト」に、馴染まなければ「単なる変態ギタリスト」。

ジャズの優れたスタイリストは聴く人を選ぶ。ジョン・スコもそんなジャズ・ギターの代表的スタイリストの1人。この『Timeless』は、ジョン・スコのギターの起源を捉えたアルバムでもあり、「ジョン・スコ」のマニア御用達の必聴盤でしょう。 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。  
 

« 大人のエレクトリック・ファンク | トップページ | ジョン・アバを「もう一丁!」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/33634904

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州的なウネウネ捻れたギター:

« 大人のエレクトリック・ファンク | トップページ | ジョン・アバを「もう一丁!」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ