最近のトラックバック

« 「ジャズの小径」3月号の更新です | トップページ | 「トロピカル三部作」の最終作 »

2010年3月28日 (日曜日)

ソフト&メロウなエレ・ハンコック

エレ・ハンコックのアルバム探索も、やっと1976年に差し掛かる。ハンコックの「どアップ」のジャケットがどうも評判良くなかった印象のある『Secrets』(写真左)である。このハンコックの「どアップ」は、レコード屋で見ると常に気恥ずかしかった印象がある(笑)。

しかし、である。このジャケットに騙されてはいけない。このアルバムは、前作『Man-Child』の「大人のエレクトリック・ファンク」路線を、更に発展拡大させて、後のフュージョン・シーンのトレンドの「ソフト&メロウ」な路線をいち早く取り入れた作品として、僕は愛聴して止まない。

冒頭の「Doin' It」は、確かにファンク丸出しではあるが、ファンクな演奏の雰囲気が、実に「ソフト&メロウ」である。コーラスの入れ方もちょっとお洒落に、そしてシンセサイザーの使い方と音色が、実に「ソフト&メロウ」である。

2曲目の「People Music」は、特に、その「ソフト&メロウ」な音が色濃く溢れている。ハンコックのシンセサイザーのコード進行とモードチェンジは実に格好良く、バッキングに回った時のフレーズは素晴らしいの一言。今の耳で聴き返してみると、この辺に、フュージョン後期の「ソフト&メロウ」な演奏のルーツが隠されているような気がします。とにかく、この「People Music」でのハンコックのキーボード・プレイは素晴らしいの一言。

3曲目の「Cantelope Island」は自作曲の再演ですが、これは・・・。レゲエもどきですね(笑)。ちょっとやり過ぎですね。でも、レゲエもどきをやっているんですが、雰囲気は完全に「ソフト&メロウ」です。全く尖っていない(笑)。でも、これは・・・(笑)。

気を取り直して、4曲目以降へ。というか、このアルバムの真価は、4曲目以降の「Spider」「Gentle Thoughts」「Swamp Rat」「Sansho Shima」の4曲にあると言っても過言では無い。この4曲には、当時のハンコックの才能がギッシリ詰まっている。
 

Hh_secrets

 
「Spider」は、当時手慣れたエレクトリック・ファンク路線の延長線上の演奏ではあるが、バッキングのビートとフレーズは実に洗練されたものになっており、そのバッキングのフロントで紡ぎ出されるインプロビゼーションのフレーズは、それはもう「ソフト&メロウ」な素晴らしさ。どファンクを越えて、ソフト&メロウなファンクに昇華されている。

「Gentle Thoughts」は、ビートはファンキーであるが、出てくる旋律は、ポジティブでカリビアンな明るさに満ちたフュージョン的フレーズで溢れている。ハンコックのエレピのインプロビゼーションのキャッチャーな魅力に溢れ、トロピカルな明るさに満ちあふれている。ファンク・ビートを上手く織り交ぜた、上質のスムース・ジャズ。時代の先を行った演奏だと思います。

パンチの効いた「Swamp Rat」も聴き応え十分。ファンクなビートを演奏の底に漂わせてはいるが、もう「どファンク」ではない。後の「ソフト&メロウ」なフュージョンに応用されるフレーズ、ビートが満載である。ここには、もう『Head Hunters』からの「どファンク路線」は影が薄い。ここでも、ハンコックは時代の先を行っている。

そして、ラストの「Sansho Shima」で大団円を迎える。このラストの演奏は、既に「エレ・ファンク」な世界を突き抜け、ファンキーなビートを底に偲ばせた、超絶技巧で硬派なフュージョン演奏になっている。これは「ソフト&メロウ」な演奏では無く、実に硬派な、迫力満点のフュージョン・ジャズになっている。当時「超絶技巧+硬派な演奏」は、フュージョン・ジャズの魅力でもあった。ここでのバンド・サウンドは激しさ満点。

全編通じて、アルバムとしてのトータル性は薄い、という印象もあるかもしれませんが、このアルバムには、当時のフュージョンのトレンドを先取りした、フュージョン後期の「ソフト&メロウ」な演奏のルーツ的な演奏が満載です。フュージョン後期の「ソフト&メロウ」な演奏のショーケース的アルバムとでも言ったら良いでしょうか、さすがは「エレ・ハンコック」。いつの時代にも、時代の先取りをした音を出しているのは見事です。 

ということで、このアルバム『Secrets』は、ハンコックのどアップなジャケットに臆することなく、特に、フュージョン・ジャズのファンの方々にお勧めの佳作だと思います。 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 

« 「ジャズの小径」3月号の更新です | トップページ | 「トロピカル三部作」の最終作 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/33972613

この記事へのトラックバック一覧です: ソフト&メロウなエレ・ハンコック:

« 「ジャズの小径」3月号の更新です | トップページ | 「トロピカル三部作」の最終作 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ