最近のトラックバック

« 優しく柔らかいコルトレーン | トップページ | 「記録」として価値のある盤 »

2010年3月19日 (金曜日)

ジャズ喫茶で流したい・14

なんだかシリーズ化してきた「ジャズ喫茶で流したい」シリーズ。今回は14回目。ずっと、純ジャズ、それもハードバップ系の、ちょっと隠れた名盤っぽいアルバムをご紹介してきた。といって、純ジャズ系ハードバップ・ジャズだけが、このシリーズの守備範囲では無い。

今日は、ちょっと尖ったエレクトリック・ジャズの隠れ名盤をご紹介したい。梅津和時 KIKI BANDの『Kiki』(写真左)。聴いたことがあるジャズ者の方って、あまりいないのでは、と思われる。僕も全く知らなかった。恐らく、ジャズのアルバム紹介本なんかにも、その名が挙がることは全く無いと思われる。

が、このアルバムがなかなかの内容なんですよ。ですが、まず、梅津和時とは何者か、ということですね。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を紐解くと、梅津和時(うめづ かずとき、1949年10月17日 - )は、日本のミュージシャン、サックス、クラリネット奏者。フリー・ジャズを中心に、ロックやクレズマー等、幅広い分野で活動、とある。

僕がジャズ者初心者の頃、大学のころである。梅津和時は、完膚無きまでの「フリー・ジャズ」戦士だった。相当にフリーキーな演奏だったなあ。当時、ジャズ者初心者の頃である。フリーな演奏は全くと言って良いほど知らなかったし、全く理解出来なかった。敢えて無理して聴くこともあるまい、ということで、梅津和時の演奏は「完全封印」。

が、である。iTunesが出来て、iTunesの中を徘徊していて、この梅津和時 KIKI BANDの『Kiki』を見つけた。iTunesの良さは、収録された各曲30秒試聴できることである。冒頭の「Kiki」の出だし30秒を聴いて、これは「凄い」と思った。

まるで、エレクトリック・マイルスである。ビートを意識し、ビートを中心にした、エレクトリック・ジャズ。エレクトリックなビートをブンブン言わせて、そのビートの上を、KIKI BANDのフロント、テナーとギターが中心に、ユニゾン&ハーモニー、そして、フリーキーにインプロビゼーションをかましまくる。

Umezu_kiki

冒頭「KIki」続く「空飛ぶ首」は、完璧なエレクトリック・ファンク・ジャズ。きっちりベースはマイルスである。面白いのは2曲目の「空飛ぶ首」。エレクトリック・ファンク・ジャズが基本だが、ビートのうねりが、トーキング・ヘッズみたいだったりする。いや〜、なんてごった煮な音楽性だ。これぞジャズである。

3曲目の「Vietnamese Gospel」のバラード演奏が、これまた良い。情感タップリに、梅津和時のテナーが鳴り響き、ギターがこれまた情感たっぷりのインプロビゼーションを聴かせる。ちょっと和風な雰囲気も漂わせながら、実にポップなバラードである。ここでの梅津和時のテナーは絶品である。

5曲目の「Dancing Bones」は、これまた硬派なエレクトリック・ファンク・ジャズ。エレクトリック・マイルスのビート重視のグループサウンドを実に良く踏襲し、梅津和時 KIKI BANDとしての個性をしっかり折り込んだ硬派なエレクトリック・ファンク・ジャズに完全に脱帽である。間を活かしたソロ、硬軟自在なリズムチェンジ、適度な隙間のあるビート。フリーキーなテナーとギターのインプロビゼーション。ロックではこうはいかない。かといって、ジャズでもこうはいかない。これは硬派な上質のフュージョンである。

ラストの「Fucking Ada」は、これはもう完全に梅津和時の世界。ビートをシッカリと底に這わせて、テナーとギターが完全フリーな演奏を全編に渡って繰り広げる。でも、昔の様な、気持ちだけが先走りした、感情的なフリー・ジャズでは無い。シッカリとしたビートに乗ってのフリーキーな演奏なので、演奏全体が崩壊することなく、フリー・ジャズというよりは、限りなく自由になったモーダルな演奏と言った方が良いかもしれない。

この梅津和時 KIKI BANDの『Kiki』を聴いて、「エレクトリック・マイルスの後を継ぐ者」という言葉を思い浮かべた。この『Kiki』というアルバムの中に、エレクトリック・マイルスのDNAが息づいている。エレクトリック・マイルスを模倣するのではない、自分のものとして消化し、自分達の個性をマージしてのエレクトリック・ファンク・ジャズは、いつ聴いても、聴き耳を立ててしまう。

といって、他の梅津和時のアルバムを好んで聴くか、と言えばそうではない。僕にとっては、梅津和時のアルバムについては、この『Kiki』だけが唯一のアルバム。それでも僕はこのアルバムに出会えて幸せである。 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。  
 
 

« 優しく柔らかいコルトレーン | トップページ | 「記録」として価値のある盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/33845433

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・14:

« 優しく柔らかいコルトレーン | トップページ | 「記録」として価値のある盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ