最近のトラックバック

« ゴンサロの来日公演を思い出す | トップページ | ゴンサロ、初期の傑作である »

2010年3月31日 (水曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・10

僕がジャズ者初心者の頃、このピアノ・トリオは実に良く判った、というか、このピアノ・トリオの演奏は判りやすくて、ヘビー・ローテーションになった。

ビル・エバンスの『At The Montreux Jazz Festival』(写真左)。1968年のモントルー・ジャズ・フェスティバルでのライブ演奏を収録。パーソネルは、Bill Evans (p) Eddie Gomez (b) Jack DeJohnette (ds)。

今や、ジャズ界最高のドラマーの1人であるジャック・デジョネット。ベースのエディ・ゴメスは1966年にビル・エヴァンス・トリオに参加。当時、2人は本盤録音時点ではまだまだ無名。しかし、この2人の溌剌とした演奏が、エバンスに火を付けた感じの、ポジティブでハードタッチなピアノ・トリオ演奏である。

これはエバンスの本質では無い、という人もいる。エバンスは耽美的でリリカルなピアノだと言う。でも、このモントルーのライブ盤のハードタッチのエバンスも、実はエバンスである。

エバンスは実に柔軟なピアニストである。エバンスは伴奏に回って、フロントのミュージシャンを立てまくる演奏も平気でできる、柔軟でハイテクニックなピアニストである。特に、エバンスは、信頼できるパートナーと呼べるベーシストに恵まれると、ベーシストを拠り所に、ドラマーの個性にあわせて、ピアノを弾きこなす傾向がある。

このライブ盤もその傾向のひとつと僕は睨んでいる。信頼できるパートナーと呼べるベーシストとして、若きエディ・ゴメスに恵まれ、安心して、ゴメスのベースを拠り所に、デジョネットのドラムの個性に、バッチリあわせて、ピアノを弾きまくっている。デジョネットのドラムはアグレッシブ。エバンスのピアノもアグレッシブ。あわせて、ゴメスのベースもアグレッシブ。

Evans_montreux

デジョネットが叩きすぎる、という向きもある。確かに、エバンスのバッキングということを考えると、叩きすぎですな(笑)。でも、当時、まだまだ無名に近い、若手のデジョネット。エバンスに抜擢されて、モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演である。舞い上がって、叩きすぎても不思議では無い。

しかし、信頼できるパートナーと呼べるベーシストとして、若きエディ・ゴメスに恵まれ、その若さ故の叩きすぎのデジョネットにあわせて、ポジティブにハードタッチに弾きまくるエバンスは、これまた凄い。あわせて、ブンブンと弦を震わせ、アコースティック・ベースを弾きまくるゴメスも凄い。

デジョネットが叩きまくり、ゴメスがブンブンいわせ、エバンスが弾きまくる。それでも、がっちりとしたピアノ・トリオとして、しっかりとしたグループサウンドを成立させているところに、エバンスのリーダーシップを強く感じる。

ピアノ・トリオの入門盤として挙げられることの多い『At The Montreux Jazz Festival』ですが、意外にハードタッチな内容なので、エバンスのピアノは耽美的でリリカル、と思っている方は、このライブ盤を聴くと絶対に戸惑うでしょうね。

4曲目のエバンス十八番の「Nardis」の、パワフルなタッチは、おそらくエバンスの演奏の中で、一番ハードタッチなものではないだろうか。8曲目の「Someday My Prince Will Come」も同様。おそらく、エバンスの演奏の中で、一番ハードタッチで尖った「いつかは王子様が」である。でも、そのハードタッチな演奏が素晴らしい。決して異質だとは思わない。このライブ盤の演奏は、それだけの説得力がある。

ジャケット写真に写るのは、モントルー・ジャズ・フェスティバルの会場のすぐ近く、スイス・レマン湖のほとりに建つ古城。本作は、その内容に敬意を表して「お城のエヴァンス」と呼ばれる。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« ゴンサロの来日公演を思い出す | トップページ | ゴンサロ、初期の傑作である »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/34019974

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ・トリオの代表的名盤・10:

« ゴンサロの来日公演を思い出す | トップページ | ゴンサロ、初期の傑作である »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ