« ビッグバンド・ジャズは楽し・4 | トップページ | チック・マニア「ご用達」ライブ »

2010年2月24日 (水曜日)

時にはこんなフュージョンを...

フュージョン・ジャズは裾野が広い。70年代初頭からのクロスオーバー系、70年代半ばから80年代前半にかけてのフュージョン系、そして、最近では耳当たりの良い、ライトジャズ的なビートに乗せたスムース・ジャズというジャンルがある。

そもそも、フュージョンって「融合」という意味なので、ジャズに他の音楽ジャンルの要素を上手く融合させれば、その音楽は「フュージョン・ジャズ」と呼んで良い、と思っている。まあ、音楽のジャンル分けなんて便宜上のものなんで、あんまり深刻に議論する話では無い。

今日は、時にはこんなフュージョンを、ということで、Vicente Amigo (ビセンテ・アミーゴ)の『Ciudad de Las Ideas(邦題 : イデアの街)』(写真左)を聴いている。2000年のラテン・グラミー賞で最優秀フラメンコディスクに選ばれたアルバム。ジャジーなアレンジとリズムに乗って、アミーゴのフラメンコ・ギターが縦横無尽に響き渡る。

ビセンテ・アミーゴは、セビージャ生まれのコルドバ育ち。子供のころからパコ・デ・ルシアを崇拝する、最も著名なフラメンコ・ギタリストのひとり。

Vicente_amigo_ciudad

敬愛するパコ・デ・ルシアのフラメンコ・ギターより、柔らかでモダン、ポップで判りやすく、多くのファンが親近感を持って接することの出来るフラメンコ音楽を達成している。

この『Ciudad de Las Ideas(邦題 : イデアの街)』も、とても聴き易く、とてもモダンでポップ。正統なフラメンコ・ギターではあるが、ジャジーなアレンジとリズムに乗って、耳当たりの良い、実に判り易いフラメンコ・ギターを聴かせてくれる。収録されたどの演奏も聴いていて実に心地良く、実に判りやすい。そして、実にリラックスした気分で聴くことのできるフュージョン・ジャズに仕上がっている。

曲によっては、フラメンコ音楽ならではの、印象的なボーカルが入っているものもあるが、違和感は全く無い。スムース・ジャズとフラメンコ・ギターのコラボ、融合である。まさに、こういう音楽をフュージョン・ジャズというんだろう。この『Ciudad de Las Ideas(邦題 : イデアの街)』を聴くと、フュージョンという言葉の意味を再認識してしまう。

特に、1曲目の「Tres Notas Para Decir Te Quielo」がとても美しい。天気の良い昼下がりに聴く、「Tres Notas Para Decir Te Quielo」は至福の時である。ジャズからはちょっと遠いかもしれないが、時にはこんなフュージョンも良いもんだ。 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« ビッグバンド・ジャズは楽し・4 | トップページ | チック・マニア「ご用達」ライブ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時にはこんなフュージョンを...:

« ビッグバンド・ジャズは楽し・4 | トップページ | チック・マニア「ご用達」ライブ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー