最近のトラックバック

« カナダ出身のジャズジャイアント | トップページ | フュージョン・パーカッション »

2010年2月16日 (火曜日)

美しく麗しき「カナダ組曲」

バンクーバー冬期五輪たけなわである。今日は、男子スピードスケート500mで、銀・銅2つのメダルを獲得。待望のメダル獲得である。前回のトリノの様に、最終日までメダル無しという状況を早々にクリア。立派である。

さて、昨日、カナダ出身のジャズ・ジャイアント、オスカー・ピーターソンのお話しをした。彼は、1964年9月、カナダ出身の証となるアルバムを録音している。その名も『Canadiana Suite(カナダ組曲)』(写真左)。パーソネルは鉄壁のトリオ、Oscar Peterson (p), Ray Brown (b), Ed Thigpen (ds)。
 
このアルバムでのピーターソンは、「スイングの権化」と呼ばれる、力強く、圧倒的推進力で、グイグイと引っ張りつつ、圧倒的迫力でスイングしまくるジャズ・ピアノを横に置き、ピアノ・トリオの美しさ、表現力の豊かさを全面に出して、彼の祖国カナダへのオマージュをこめて、美しく麗しい「カナダ讃歌」を歌い上げている。

このアルバムを初めて聴いたのは、もう30年以上も前のこと。ジャズ・ピアノと言えば、ファンキーでスインギーと思っていたが、こんなに美しく、アーティスティックな表現が出来るんだ、と感じ入った思い出が甦る。このアルバムの演奏は、決して「商業音楽」では無い。このアルバムの演奏は「芸術」である。
 

Op_canadiana_suite

 
収録曲は次の通り。

1. Ballad To The East
2. Laurentide Waltz
3. Place St. Henri
4. Hogtown Blues
5. Blues Of The Prairies
6. Wheatland
7. March Past
8. Land Of The Misty Giants

曲名を眺めると、ピーターソンの祖国カナダへの「愛情」を強く感じることが出来る。8曲ともピーターソンのオリジナル。ピーターソンのピアノの精細さ、緻密さが十分に味わえる名盤だと思います。内省的なピーターソンも、これまた魅力的です。

バックのRay Brown (b), Ed Thigpen (ds)も、実に優れたバッキングを披露します。いつもとは違う、精細で緻密、内省的なピーターソンに、しっかりと反応して、これまた、柔らかで優しい、それでいてシッカリとしたビートを供給しつつ、アーティスティックなピーターソンをしっかりとサポートします。

このアルバムについては多くを語る必要は無いでしょう。聴けば判る。オスカー・ピーターソンの作曲の才とジャズ・ピアニストとしての懐の深さが感じられる素晴らしいアルバムです。  
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

保存

« カナダ出身のジャズジャイアント | トップページ | フュージョン・パーカッション »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/33406951

この記事へのトラックバック一覧です: 美しく麗しき「カナダ組曲」:

« カナダ出身のジャズジャイアント | トップページ | フュージョン・パーカッション »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ