最近のトラックバック

« ピアノ・トリオの代表的名盤・5 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・6 »

2010年2月 6日 (土曜日)

米国西海岸ロックの歌姫

ウェストコースト・ロックの歌姫と言えば、リンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadt)」。70年代の米国西海岸ロックの中心ミュージシャンの1人で、そのルックスと併せて、女性ボーカリストの中で、圧倒的な人気を誇っていました。僕も好きでしたね〜。

バンド時代とソロ2枚目あたりまではカントリーフォーク中心の曲構成でしたが、徐々にロック色を強め、1971年にリリースされた『Linda Ronstadt (album)』(写真左)あたりが、リンダにとっての、米国西海岸ロックの始まりでしょうか。なんせ、後の米国西海岸ロックの雄、イーグルスがこのアルバムのバックバンドを務めていたんですからね〜(当時はまだ無名でした)。

このアルバムの特徴は、Jackson Browne, Eric Kaz, Johnny Cash, Livingston Taylor, Woody Guthrie, Neil Young, Eric Andersen 等のシンガー・ソングライター(以降SSWと略)、そして、バックバンドのイーグルスのメンバーからは、Raynard Minerの作品を取り上げており、さしずめ、当時の米国西海岸ロックのSSWのショーケースの様な面持ちです。

収録された楽曲の全体的な雰囲気は、当時、「カントリーの歌姫」と呼ばれていただけあって、カントリー・フォーク色の強いソフト・ロックって感じです。そのカントリー・フォーク色の強い雰囲気の中に、幾曲か、キラリと光る、趣味良くロック色の濃い楽曲があり、その曲でのリンダのボーカルはパンチと「こぶし」が効いていて、実に活き活きと歌っている。そこが、このアルバムの良いところです。
 

 Linda_ronstadt_album

 
決して、カントリー・フォーク色の強い楽曲が悪いと言っている訳ではありません。逆に、カントリー・フォーク色の強い楽曲の出来が良いが故、その出来の良いカントリー・フォーク色の強い楽曲の中で、キラリと光る、趣味良くロック色の濃い楽曲が配置されている、というところがこのアルバムの「ミソ」となっています。

LP時代の収録曲の構成は、A面がスタジオ録音、B面がライブ録音。僕はB面のライブ録音が好きで、内容的にも評価してました。なんせ、バックバンドの演奏含めて「上手い」。リンダも声量もタップリ、独特の艶とパンチのある、ちょっとセクシーなボーカルが実に良く映えている。加えて、ライブ録音の方が「ロック」しています。

僕は、このアルバムは70年代の後半、大学時代に手にしました。一回聴き終えて、もう暫くはこのアルバムにドップリ(笑)。今の言葉で言う「ヘビー・ローテーション」でした。冒頭の「Rock Me On The Water」がかかると、友人達が「またこれか〜」って閉口していたのを思い出しました(笑)。

このアルバムを聴いていると、遙か彼方、米国西海岸の風景が頭の中にブワ〜ッと広がるんですよね。カントリー・フォーク色の曲とロック色の曲が上手くブレンドされて、リンダの個性が良く判る、良い内容のアルバムになっています。リンダ・ロンシュタット入門盤としてもお勧めです。

今日はとても寒い一日。我が千葉県北西部地方は、最高気温は7度あたりまでしか上がらず。お昼前頃から強い西風がビュービュー吹きつけ、外に出るとあっと言う間に体温を奪われる、そんな一日。それでも、太陽の日差しは着実に力強さを増し、日も長くなった。立春を過ぎ、春の兆しが徐々に忍び寄る雰囲気が実感として感じられる、そんなここ2〜3日の気候である。

残雪も 心細げに 春立てり  
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 

« ピアノ・トリオの代表的名盤・5 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・6 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/33272156

この記事へのトラックバック一覧です: 米国西海岸ロックの歌姫:

« ピアノ・トリオの代表的名盤・5 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・6 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ