« 米国西海岸ロックの歌姫 | トップページ | 素晴らしく伴奏上手のハービー »

2010年2月 7日 (日曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・6

2月5日のブログ(左をクリック)で、ブルーノートの『Sonny Clark Trio』をご紹介したが、同一タイトルの『Sonny Clark Trio』は、もう一枚存在する。Timeレーベルからリリースされた、タイム盤『Sonny Clark Trio』(写真左)である。

1960年3月の録音。パーソネルは、Sonny Clark (p), George Duvivier (b), Max Roach (ds)。収録された楽曲は、全作オリジナル作品で構成されており、ソニー・クラークの作曲の個性を愛でるに最適なトリオ・アルバムである。

ソニー・クラークのピアノの特徴は「そこはかとなく芳しいシンプルなマイナー調」である。タッチは強くて深い。独特な打鍵のタイミング。テクニックは端正。しかもハイ・テクニック。速いパッセージもしっかりと弾きこなす。バラードも情緒的で良し、ソロ・ピアノもなかなかの内容。けれど、どの曲調でも「マイナーな雰囲気」がしっかりと漂う。

この、タイム盤の『Sonny Clark Trio』は、ソニー・クラークのピアノの個性と、ソニー・クラークのオリジナル曲にて、そのピアノの個性を最大限に愛でること、そして、クラークの作曲の才を体験出来る、素晴らしい、ピアノ・トリオである。

逆に、ブルーノートの『Sonny Clark Trio』は、スタンダード曲中心の構成で、スタンダード曲の演奏を通じて、他のピアニストと比較して、ソニー・クラークのピアノの個性を確認することが出来る。

Time_sonny_clark

ソニー・クラークの個性である「そこはかとなく芳しいシンプルなマイナー調」は、ジャズ・ピアノを聴き込んだマニアでないと、判り難いと言えば判り難い。スタンダード曲を通じて、その個性を他のピアニストと比較することで明確にする、という、ブルーノートの総帥アルフレッド・ライオンの戦略は正しい。

逆に、このタイム盤の『Sonny Clark Trio』は、ソニー・クラークのオリジナル曲を通じて、ソニー・クラークの個性を確認することが出来る優秀盤。加えて、ソニー・クラークの作曲能力の高さを確認することができる、ソニー・クラークの代表盤の一枚となっている。

このタイム盤の『Sonny Clark Trio』では、ソニー・クラークのオリジナル曲を通じて、したたり落ちるような「そこはかとなく芳しいシンプルなマイナー調」が、どの曲からも感じ取る事が出来る。スタンダード曲の演奏よりも、ソニー・クラークの個性が強く出ることが、このタイム盤の特徴だろう。

同時に、ソニー・クラークの「そこはかとなく芳しいシンプルなマイナー調」が、より強く出るタイム盤は、ジャズ初心者の方々には、ちょっとアクが強いかもしれない。スタンダード曲に比べて、キャッチャーな旋律にやや乏しいのだ。

それでも、ソニー・クラークの個性は、このタイム盤で最大に感じる事ができるのだから、このタイム盤『Sonny Clark Trio』は、ジャズ・ピアノ・トリオの歴史を感じる上でも、必須のアイテムといえるだろう。
 

今日の千葉県北西部地方は、日中は台風の様な西風、北風の強い一日。とっぷりと日が暮れて、夜空を見上げれば、南の空にド〜ンとオリオン座が目に飛び込む。夜8時頃、この位置にオリオン座が来ると、いよいよ「春立てり」である。南の空にすっくと立つオリオン座は、春を呼ぶ星空のサインである。
 
凍みる夜 闇にオリオン 仁王立ち 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 米国西海岸ロックの歌姫 | トップページ | 素晴らしく伴奏上手のハービー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ・トリオの代表的名盤・6:

« 米国西海岸ロックの歌姫 | トップページ | 素晴らしく伴奏上手のハービー »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー