最近のトラックバック

« ビッグバンド・ジャズは楽し・3 | トップページ | 時にはこんなフュージョンを... »

2010年2月23日 (火曜日)

ビッグバンド・ジャズは楽し・4

今日も「ビッグバンド・ジャズは楽し」シリーズ、第4弾は「MJOをもう一丁」(笑)。

MJOとは「Manhattan Jazz Orchestra」の略。リーダーは、デビッド・マシューズ(写真右)。このオーケストラの編成は、オーソドックスなビッグバンドの編成とは異なり、4トランペット、4トロンボーン、2サックス、2フレンチ・ホーン、ベース・クラリネット、チューバ、ピアノ、ベース、ドラムから成り、ギル・エヴァンス・オーケストラに酷似している。

フレンチホルンやチューバが入ったビッグバンド構成が実に効果的。加えて、デビッド・マシューズのポップ性の高い、そして「判りやすくて楽しい」アレンジが素晴らしく、エッジの立ったシャープな音をベースに疾走感と寛ぎ感を効果的に配備して、とにかく聴いていて、あっけらかんとリラックスして聴ける、加えて、演奏者それぞれのテクニックも優れ、ビッグバンド・ジャズ入門として最適。

昨日は『Birdland』をご紹介したが、「判りやすくて楽しい」、あっけらかんとリラックスして聴けるビッグバンド・ジャズのアルバムはもう一枚ある。『Swing Swing Swing』(写真左)である。とにかく、収録曲を見て欲しい。

1. アイアンサイド
2. スウィング,スウィング,スウィング
3. ジャンピン・アット・ザ・ウッドサイド
4. ムーンライト・セレナーデ
5. A列車で行こう
6. 愛のコリーダ
7. マンテカ
8. サヴォイでストンプ

ねっ、なんか、アルバムに収録された曲目を見渡すだけで、ワクワクするでしょう(笑)。

Mjo_swingx3

冒頭は、70年代人気TVシリーズ『鬼警部アイアンサイド』のテーマ曲で、最近では『キル・ビル』にも使用された超有名曲「アイアンサンド」。ちなみに、この鬼警部アイアンサイドのテーマは日本テレビ系列で放映されていた「ウィークエンダー」のテーマ曲でした。僕には、この「ウィークエンダー」のテーマ曲のほうが馴染みがあるかな(歳がばれる?)。

5曲目の「A列車で行こう」は、下手にこねくり回したアレンジは無用。シンプルに疾走感を追求した、マシューズのアレンジが秀逸な、とにもかくにも、疾走感を撒き散らしながらのハイ・テクニック集団が奏でる、快速列車「A列車」で行こう、です。「判りやすくて楽しい」アレンジの「A列車で行こう」は、ついつい身体が動きます。

クインシー・ジョーンズの80年代初頭の大ヒット・ディスコ曲「愛のコリーダ」。こんな、いかにも俗っぽいディスコ曲を、魅力的かつ「判りやすくて楽しい」ビッグバンド・ジャズに仕立て上げている。リーダー、デビッド・マシューズの面目躍如である。

アルバム・タイトルの、2曲目「スウィング,スウィング,スウィング」は、リーダー、デビッド・マシューズの作曲によるオリジナル曲。これも、徹頭徹尾、魅力的かつ「判りやすくて楽しい」ビッグバンド・ジャズに仕立て上げられていて、聴いていて楽しく、意外と新鮮味がある。正統派ビッグバンド・ジャズのアレンジについては、この曲のアレンジが実に参考になる。

デビッド・マシューズのアレンジは、単純にジャズ・クインテットのアレンジをビッグバンドに置き換えつつ、フレンチホルンやチューバが入ったビッグバンド構成で「音の個性」を全面に出しつつ、決して、過去のビッグバンド・ジャズのアレンジ囚われない、現代のジャズならではの、シンプルでハードバピッシュな、そして「判りやすくて楽しい」アレンジが実に良いと感じます。

このMJOこと「Manhattan Jazz Orchestra」の演奏を聴くと、「シンプル・イズ・ベスト」という言葉を思い出す。魅力的かつ「判りやすくて楽しい」ことに勝ること無し「ビッグバンド・ジャズ」、である。 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« ビッグバンド・ジャズは楽し・3 | トップページ | 時にはこんなフュージョンを... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/33505516

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグバンド・ジャズは楽し・4:

« ビッグバンド・ジャズは楽し・3 | トップページ | 時にはこんなフュージョンを... »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ