最近のトラックバック

« ジャクソン・ブラウンのバイオ本 | トップページ | Graham Nash / David Crosby »

2010年1月15日 (金曜日)

疲れた時には「ピアノ・トリオ」

はぁ〜疲れた。なんやかんやで疲れた。しかしなあ〜、精神的に疲れることが色々あった。有るべき姿であるはずが、有るべき姿にならない不思議。適当にやっていても、なんとかなっている不思議。ストレスがかかる。ストレスがかかると疲れる。ストレスがかかって疲れると、決まってピアノ・トリオが聴きたくなる。

こういう時のピアノ・トリオは、王道、鉄板のピアノ・トリオでないといけない。今日はビル・エバンスの『At Shelly's Manne-Hole』(写真左)である。1963年5月、今は亡きジャズクラブ、シェリーマンズホールでのライブ録音。パーソネルは、Bill Evans (p) Chuck Israels (b) Larry Bunker (ds)。

このアルバム、ビル・エバンスのアルバム紹介などでは、全くと言って良いほど、採り上げられることが無いアルバムである。でも、このアルバム、実に内容があるんですよ。ほんと。

音のメリハリがある大向こうを張った演奏では無い。といって、ハイ・テクニックバリバリの演奏でもない。普通のピアノ・トリオ演奏の様に淡々とした演奏なんだが、1曲目の「Isn't It Romantic?」を聴き進めるにつれ、だんだん普通のピアノ・トリオ演奏では無いことに気が付く。

Be_shellysmanne

全く飾り気の無い、爽やかな、何の変哲もない寛ぎのシンプルな演奏の中に、しっかりとそれぞれのメンバーの、テクニックの粋を尽くした玄人的演奏がしっかりと詰まっていて、どんどん演奏に惹き込まれていく。

エヴァンスのピアノはいつになくリラックスして、柔らかく優しいタッチで、スタンダード曲中心に弾き上げていく。イスラエルのベースは、しっかりとしたバッキング、ガッチリと自信に満ちたソロを繰り広げている。バンカーのドラムは堅実、そして、素晴らしいブラシ。

録音も良いですし、クラブの雰囲気が実に良く感じられます。ライブ盤としても優秀だと思います。何故、このアルバムが、ビル・エバンスのアルバム紹介に採り上げられないかが判らない、というか不思議。ちょっと地味かもしれませんが、どうしてどうして、これが、なかなかのピアノ・トリオだと僕は思います。当然、長年の愛聴盤です。

疲れた時には「ピアノ・トリオ」。こういう時のピアノ・トリオは、王道、鉄板のピアノ・トリオでないといけない。そんな要求にガッツリと応えてくれるビル・エバンスの『At Shelly's Manne-Hole』である。ジャケット・デザインがちょっと地味で単調なのが玉に瑕ですけど・・・(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« ジャクソン・ブラウンのバイオ本 | トップページ | Graham Nash / David Crosby »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/32998964

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れた時には「ピアノ・トリオ」:

« ジャクソン・ブラウンのバイオ本 | トップページ | Graham Nash / David Crosby »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ