« 爽やかなピアノ・トリオが良い | トップページ | Weather Reportの後期の傑作 »

2010年1月 5日 (火曜日)

ジャズ喫茶で流したい・12

ジャズの歴史に名前を残してはいるが、人気の高いミュージシャンでは無い。はたまた、歴史を変えるような名盤でも無い。でも、その個性を人知れずひっそりと愛でることの出来る、所謂「隠れ名盤」というものは沢山ある。

今回の「ジャズ喫茶で流したい」シリーズの12回目。今回は、Warne Marsh(ウォーン・マーシュ)の『Warne Marsh(Atlantic盤)』(写真左)である。1957年と58年の録音に分かれる。

1曲目「Too Close for Comfort」と3曲目「It's Allright with Me」が、1957年12月の録音。パーソネルは、Warne Marsh (ts), Ronnie Ball (p), Paul Chambers (b), Philly Joe Jones (ds)。

2曲目「Yardbird Suite」、4曲目より「My Melancholy Baby」〜「Just Squeeze Me」〜「Excerpt」が、1958年1月の録音。パーソネルが、Warne Marsh (ts), Paul Chambers (b), Paul Motian (ds)。

マイルス楽団から、Paul Chambers (b), Philly Joe Jones (ds)の参入が目を引く。それから、ビル・エバンス・トリオで名を馳せたPaul Motian (ds)もだ。リーダーのマーシュは西海岸のテナーマン。Paul Chambers (b), Philly Joe Jones (ds)は東海岸のミュージシャンだけに、この取り合わせは面白い。

Warne_marsh

ボワン、フワフワとした心温まるトーンが心地良いマーシュのテナー。決して刺激的でない、丸みのあるインプロビゼーション。クール派と言われるが、芯のしっかりした、男気のある節回しを聴かせる。激しい熱さでは無いが、穏やかなホットさを感じるスタイリッシュなブロウ。

そんなマーシュを、アルバムの演奏の中で、一貫してプッシュしているのが、ベースのチェンバース。ブンブンと弦を震わせながら、マーシュのテナーをフォローする。

最初は「やけにベースのソロが多いなあ」と感じる。ブンブンと特徴的なベース音を聴き続けていると「これはチェンバースか」と思い当たる。そして、聴き進めると「チェンバースのベースは上手い」と感心する。マーシュのバックにしっかりと控え、マーシュのテナーを引き立てる。

特に、Warne Marsh (ts), Paul Chambers (b), Paul Motian (ds)のピアノレス・トリオでの、1958年録音の4曲の演奏が心地良い。ドラムレスのデュオでも良かったのでは、と思えるほどの絶妙な「テナーとベース」の組合せ。チェンバースの絶妙なサポートを得て、いつになくマーシュがホットにブロウするところが実にジャジー。

選曲も良し。マーシュのテナーを愛でるに最高の一枚。良いアルバムです。こんなアルバムが、ジャズ喫茶の昼下がりに流れていたら・・・。そしてそこに、熱くて美味いコーヒーが有れば・・・。これって「至福のひととき」ではないでしょうか。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« 爽やかなピアノ・トリオが良い | トップページ | Weather Reportの後期の傑作 »

コメント

大変失礼かと思いますが、もし楽器をされていなくて、このレコードの価値がお分かりになるのでしたら、すばらしいセンスをお持ちの方です。最後の曲は、アイリメンバーエイプリルのコード進行です。これこそ歴史を変える名盤です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・12:

« 爽やかなピアノ・トリオが良い | トップページ | Weather Reportの後期の傑作 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー