最近のトラックバック

« モンクは隠れた佳作が多い | トップページ | 第2期Return to Forever の船出 »

2009年12月 3日 (木曜日)

ビル・エバンスの個性全開

朝から雨。朝はシトシトとそぼ降る雨。夜、帰宅時は強い雨。時は12月。冷たい雨。12月の雨は好きではない。

寒々と 帰宅も辛し 氷雨かな

ビル・エバンスは、ジャズ・ピアノ界一のスタイリストである。クラシックに影響を受けた印象主義的な和音の重ね方と独特な響き、ロマンティックでメロディアスな旋律、抑揚と陰影、強弱と緩急を柔軟に織り交ぜた、メリハリのあるリリカルなピアノ・タッチ。音と音との「間」の使い方が本当に美しい。

一聴したら、必ずそれと判るスタイルである。それまでのビ・バップのピアノとは全く異なるというか、完全に一線を画する、ハードバップ以降の主流となるジャズ・ピアノのスタイルの源である。ビ・パップのテクニック一辺倒のジャズ・ピアノを、クラシック・ピアノと同等のアーティステックな世界まで昇華させたのは、ビル・エバンスである。

そんなスタイル、個性の確立が確認できるアルバムが、ビル・エバンス2枚目のリーダー・アルバム『Everybody Digs Bill Evans』(写真左)。パーソネルは、Bill Evans (p), Sam Jones (b), Philly Joe Jones (ds)。1958年12月の録音である。

Everybody_digs_2

2曲目の「Young and Foolish」、3曲目の「Lucky to Be Me」、7曲目の「What Is There to Say?」などのバラード演奏は、それまでのビ・バップのピアノ・トリオでは絶対に聴けなかった演奏である。クラシック・ピアノと同等のアーティステックな世界がここにある。本当に素晴らしいピアノの響きである。本当に素晴らしいピアノの旋律である。

そのリリシズム溢れる、最高にアーティスティックな個性は、ソロ・ピアノのフォーマットで最大限に発揮される。3曲目「Lucky To Be Me」、5曲目「Epilogue」、7曲目「Peace Piece」は絶品である。このソロ・ピアノで、ビル・エバンスの個性は最大限に発揮される。それは、まだ、当時のジャズ界に、ビル・エバンスの個性の邪魔にならず、その個性を更に引き伸ばすような、ビート&リズムの供給を実現できるベーシストとドラマーが存在しなかったことに他ならない。

それでも、このアルバムでの、Sam Jones (b), Philly Joe Jones (ds)は健闘している。ビ・バップの影が残る演奏については、エバンスの強いタッチにピッタリのフィリー・ジョーのドラミングである。サム・ジョーンズのベースも堅実で基本リズムを決して崩さない。当時では、ビル・エバンスが一番やり易かったベース&ドラムではないだろうか。1曲目「Minority」、4曲目「Night and Day」など、実に聴いていて楽しい。大胆かつ繊細なエバンスのピアノは聴き応え十分。

音と音との「間」の使い方、モード的な旋律の展開の仕方、印象主義的な和音の重ね方。どれもが現代のジャズ・ピアノの基本になっている。ビル・エバンスは、ジャズ・ピアノの歴史の中で、最大のスタイリストである。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« モンクは隠れた佳作が多い | トップページ | 第2期Return to Forever の船出 »

コメント

はじめまして、残念ながら、このアルバムは
聴いていませんが、毎日「ワルツフォーデビー」
は店でかけています。よく、ビル・エバンスを女子供のジャズと批判する人もいますが、48年前の演奏には思えない、ピカピカ光っていて、
美しく、緊張と弛緩を繰り返す、ピアノは、
ある一面ではちょと、癖というか、ロマティシズムを出し過ぎかと思ったりします(ショパンに通じる部分)だからハンク・ジョーンズの様に、
淡々とストイックに弾いたほうが、知的で、
男らしいと思ったりもするのですが、でも、
やはり、私はビル・エバンスが好きです。
彼は練習を相当したとインタビューで言って
いました。マッコイ・タイナーは練習は嫌い
だと言っていたように記憶しています。

アトリエ・ビーミッシ店長さん、はじめまして。松和のマスターです。

そうですね。ビル・エバンスは女子供のジャズでは絶対に無いですね。
ビルのピアノは実にハードなものです。ロマンティックな静的な音を
出す時も、ビルはしっかりとピアノの鍵盤を深く押さえています。
音の芯が太いとでも言うのでしょうか。優しさの影にハードボイルド
な音が響いているところが、ビル・エバンスの魅力だと思います。
 
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/32476420

この記事へのトラックバック一覧です: ビル・エバンスの個性全開:

« モンクは隠れた佳作が多い | トップページ | 第2期Return to Forever の船出 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ