« 叙情的なジャズ・ピアノの優秀盤 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・11 »

2009年12月17日 (木曜日)

エバンスの寛いだハードタッチ

昨日は、叙情的でリリカルなエバンスの『Moon Beams』をご紹介したが、エバンスの本質は、タイトでハードなタッチと計算されたアレンジ、そして、そのアレンジに応えるテクニカルな面が極めて優秀な、唯一無二なピアニストである、というところにある。

そして、エバンスの相当数あるアルバムをじっくりと聴き進めると、気合いを入れた録音セッションでの、エバンスのタイトでハードなタッチと、気心知れた寛いだセッションでのタイトでハードなタッチとは、ちょっとニュアンスが違うのだ。

寛いだセッションでのエバンスは、実に魅力的なハードタッチで迫ってくる。ちょっとジョークを交えた、実に優しいハードタッチで迫って来るのだ。そんなアルバムの中で、僕が愛して止まないアルバムが『On Green Dolphin Street』(写真左)。1959年1月の録音。パーソネルは、Bill Evans (p), Paul Chambers (b), Philly Joe Jones (ds)。

このアルバムに収録されたセッションは、Chet Bakerの『Chet』の録音セッションに参加した、Bill Evans (p), Paul Chambers (b), Philly Joe Jones (ds)が、プロデューサーのオリン・キープニュースの誘いで録音したもの。もともと、この3人、マイルスの下で演奏していたので、気心しれており、しかも、Paul Chambers (b), Philly Joe Jones (ds)は、エバンスのお気に入りのベーシストとドラマー。

全編に渡って、絵に描いたような「ハードバップ」なピアノ・トリオである。気心知れた寛いだセッションでの、エバンスの、ちょっとジョークを交えた、実に優しいハードタッチが全編に渡って体験できる。まあ、バックが、Paul Chambers (b), Philly Joe Jones (ds)である。叙情的でリリカルな面を全面に押し出すには、このベーシストとドラマーは、あまりにハードバッパーである(笑)。
 
 
Bill_evans_on_green_d
 
 
冒頭の「You and the Night and the Music」が素晴らしい。エバンスのアレンジ能力の素晴らしさ、そして、優しい、寛いだハードタッチ。そして、2曲目の「My Heart Stood Still」では、アドリブ部で、クリスマスソングの旋律が顔を覗かせる。エバンスの笑顔と、それに応える、チェンバースとフィリー・ジョーの笑顔が浮かぶようだ。

そして、絶品は3曲目。表題曲の「On Green Dolphin Street」。この演奏でのエバンスは絶品である。寛いだハードタッチ、緩急自在、硬軟自在のインプロビゼーション。バリバリ弾きまくるエバンス。バリバリ弾きまくってはいるが、決して耳につかない。ハードタッチの音のエッジが優しく丸いのだ。

チェンバースのベースとフィリー・ジョーのドラムも、しっかりとソロを取るスペースを確保しており、そのソロが、これまた絶品なのだ。チェンバースの太いウォーキング・ベース、そして、フィリー・ジョーの変幻自在でハードでタイトなドラミング。実に魅力的に、そして、エバンスをしっかりとサポートし、引き立たせている。

良いアルバムです。Chet Bakerの『Chet』の録音セッション後に、トリオだけで一枚分を余計に録音したものの、発売に踏ん切れずに20年ほど倉庫に寝かされていたなんて、信じられないですね。でも、この実に寛いだハードタッチで、気心しれた仲間と、あまり深く考えずにインプロビゼーションを展開したのが、完全主義者のエバンスとしては気に入らなかったのかもな、とも思います。

それほど、このアルバムでのエバンスは、寛いで演奏しているのが実に良く判る。実に楽しそう。ジャズが好きで、ピアノが好きで、演奏が好きで、そんなエバンスの普段着のようなピアノ・タッチが実に魅力的です。ジャケット写真も実に雰囲気があって、聴く方も適度にリラックスしてきける、ジャズ初心者の方々にも大推薦の一枚です。

今日も朝から、ガッチリと「寒い」。いきなり真冬が来た感じ。それでも、日中は日差しが戻ってきて、会社の窓から見る分には、豊かな日差しが戻ってきた感じ。でも、外出から戻って来た連中は、口々に「寒い寒い」。う〜ん、師走を実感しますね。
 
朝日浴び 眩しきばかり 霜の朝
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 

« 叙情的なジャズ・ピアノの優秀盤 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・11 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エバンスの寛いだハードタッチ:

« 叙情的なジャズ・ピアノの優秀盤 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・11 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー