最近のトラックバック

« ゴンサロ第2弾『ロマンティック』 | トップページ | エバンスの寛いだハードタッチ »

2009年12月16日 (水曜日)

叙情的なジャズ・ピアノの優秀盤

叙情的でリリカルな演奏が中心のアルバム、ゴンサロ・ルバルカバ『Suite 4 y 20(邦題:ロマンティック)』をご紹介した。で、叙情的でリリカルなジャズ・ピアノと思って、ん〜っと思って、そう言えば、叙情的でリリカルなジャズ・ピアノで代表的なアルバムがあった、と。

そうそう、即、思い出したのが、ビル・エバンスの『Moon Beams』(写真左)。Herbie Mann『Nirvana』に続いて、自動車事故で急逝したScott LaFaroに代わって、Chuck Israelsがベーシストを担当した、Bill Evans (p) Chuck Israels (b) Paul Motian (d) のトリオでの初録音である。1962年6月の録音になる。

アルバム・ジャケットからも想像できる様に、このアルバムは、ビル・エバンスの叙情的でリリカルな面にフォーカスを当てた、企画型のアルバム。リバーサイド・レーベルのプロデューサー、オリン・キープニュースの慧眼のなせる技である。

冒頭の有名なエバンスのオリジナル「Re: Person I Knew」では、まだ、ハードタッチ中心なモードで、エバンス節を展開していて、これはこれで惚れ惚れと聴き耳を立ててしまうのだが、次の2曲目「Polka Dots and Moonbeams」が絶品中の絶品。叙情的でリリカルなエバンスのピアノが素晴らしく、途中、ハードなタッチで盛り上がる部分も実に自然で、エバンスの硬軟強弱は実に自然で、人工的な感じが全くしない。

続く「 I Fall in Love Too Easily」も絶品だ。というか、このアルバムの収録曲の全てが、エバンスの叙情的でリリカルな面を全面に押し出していて、見事な出来となっている。決して、叙情的でリリカルなピアノを、全編に渡って弾き続けているのでは無い。そこが、エバンスの優れたところ。

Evans_moonbeams

意図的にハードタッチでテクニカルな面もしっかりとタイミング良く展開し、そのハードタッチでテクニカルな面が、エバンスの叙情的でリリカルな面を強調する効果が出ている。エバンスの作戦勝ちである。このアルバムは、自然発生的に生まれたのではない。オリン・キープニュースの慧眼とエバンスのアレンジ力が一体となった、意図的に仕組まれた「企画型アルバム」の圧倒的な成功例である。

このアルバムで判るのは、Scott LaFaroに代わって、ベースを担当したChuck Israelsのベーシストとしての力量。とにかく上手い。そして、エバンスのハードタッチでテクニカルな面に十分に対応し、もちろん、叙情的でリリカルな面にも、しっかりと対応している。

ビートと音のベースをしっかりと押さえるChuck Israelsのベースは、特に、エバンスのハードタッチでテクニカルな面のサポートに貢献度大である。この部分は、Scott LaFaroを凌駕するのでは、と僕は思う。

ビル・エバンスは、決して、叙情的でリリカルな音が特徴のピアニストではない。タイトでハードなタッチと計算されたアレンジ、そして、そのアレンジに応えるテクニカルな面が極めて優秀な、唯一無二なピアニストである。叙情的でリリカルな面は、エバンスの「オプション」に過ぎないと僕は思っている。

魅惑的なジャケットと相まって、実に良いアルバムです。休日の天気の良い昼下がりに、一人で小説でも読みながら、じっくり聴き耳を立てるのにピッタリの優秀盤です。そうそう、このジャケットの魅惑的な女性の横顔は、後に、1960年代ロックの世界で、ベルベット・アンダーグラウンドとのコラボで有名になる、モデルとして活躍していた、若かりし頃の「ニコ」の横顔とのこと。

さて、今日はとても寒い一日。朝もしんしんと冷え込んで、午後から晴れるという気象庁の予報も大外れ。一日中、どんよりとした鉛色の雲に覆われた、実に冬らしい、実に鬱陶しい一日でした。しかし、本当に寒い。今年は暖冬だなんて、誰が言ったんだ(笑)。
 
しんしんと 冷え込む夜の 淋しさや    
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« ゴンサロ第2弾『ロマンティック』 | トップページ | エバンスの寛いだハードタッチ »

コメント

はじめまして。
ニコ検索でたどり着きました。
ある方のブログで Moon Beams の女性が
ニコと書いてあり、40年間このレコードの女性に無関心でありましたが、ベルベット時代の
写真と見比べてしました。
顔の長さとか鼻が似てない感じはしますが・・・

チャックは独特な音を拾いますので
在り来たりのベースラインじゃないところが
好きなんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/32633537

この記事へのトラックバック一覧です: 叙情的なジャズ・ピアノの優秀盤:

« ゴンサロ第2弾『ロマンティック』 | トップページ | エバンスの寛いだハードタッチ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ