« Magical Mystery Tour は互角 | トップページ | ずっと注目しているピアニスト »

2009年11月 9日 (月曜日)

エヴァンスに一番似合う曲って...

ビル・エヴァンスのリバーサイド時代は名盤揃いである。スコット・ラファロとの4部作ばかりがクローズアップされているので、残りのアルバムは、あまり注目されることはないので困るのだが、これがなかなかの内容のアルバムばかりなのである。聴かずにおいては罰が当たる(笑)。

そんな中でも、ビル・エヴァンスの後の愛奏曲がタイトルになっている『How My Heart Sings !』(写真左)は大のお勧め。パーソネルは、Bill Evans (p) Chuck Israels (b) Paul Motian (ds)。1962年5〜6月の録音である。ベースが、Chuck Israelsだからといって侮ってはいけない。Scott LaFaroと違って、地味ではあるが、落ち着いた品のあるベースは、また違った味わいがあって良い。

その代表的名演が、タイトル曲の「How My Heart Sings !」。前奏無しに、いきなり「ポロロ〜ン、ロロン」と始まるピアノの旋律は実に愛らしい。愛らしくリリカル、そしてメロディアス。エヴァンスのピアノにピッタリのスタンダードである。Chuck Israelsのベースも気品に溢れ、Paul Motianのドラミングは繊細で小粋。あ〜、この1曲だけでも、このアルバムをゲットする甲斐があるってもんだ。
 

How_my_heart

 
2曲目の「I Should Care」のリズミックなトリオ演奏もなかなかの味わい。Scott LaFaroがベースだった、3者3様の対等なインプロビゼーションも良いが、Chuck Israelsに代わっての、しっかりと統制の取れた、ハードバップ的なピアノトリオも味わいがあるってもんだ。3曲目の「In Your Own Sweet Way」も絶品。大向こうを張った仕掛けは全く無いが、着実に堅実に、統制の取れた、ハードバップ的なピアノトリオ演奏は、実に味わい深いものである。

唯一、有名なスタンダード「Summertime」は、エヴァンスの感性に合わなかったらしく、ちょっとギクシャクした演奏で、不完全燃焼状態なのは「ご愛嬌」。独特の「ねばり」というか、「Summertime」の曲が持つ独特の「あく」のようなものが、エヴァンスの洗練された演奏によって、抜けてしまってるんですね(笑)。

改めて思うのは、タイトル曲「How My Heart Sings!」、この曲ほど、エヴァンスに似合う曲も珍しい。エヴァンスのピアノの為に書かれた、特製のスタンダード曲のようです。エヴァンスに洗練されても洗練されても、「How My Heart Sings!」の曲が持つ旋律の美しさは更に輝きを増す。そんな感じが実に印象的です。

良いアルバムです。スコット・ラファロとの4部作を聴いて、エヴァンスに興味を持ったなら、この『How My Heart Sings !』はお勧めです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« Magical Mystery Tour は互角 | トップページ | ずっと注目しているピアニスト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エヴァンスに一番似合う曲って...:

« Magical Mystery Tour は互角 | トップページ | ずっと注目しているピアニスト »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  

カテゴリー