最近のトラックバック

« ビートルズを知らない子どもたちへ | トップページ | バイオリン・フュージョン »

2009年11月30日 (月曜日)

マリガン Meets モンク

寒くなった。11月も今日で終わり。早くも明日から12月、師走である。1年経つのが早いなあ。この歳になって、これだけ1年経つのが早いと、ちょっと焦る。新型インフル癒えて、今日から社会復帰。さすがに、ちょっと疲れた。

すきま風 師走の暦 安下宿    

さて、リバーサイド時代のセロニアス・モンクを聴き進めている。ジャズ入門書やジャズ盤紹介本に挙がるような定番の「モンクの有名盤」以外にも、リバーサイド・レーベルにはモンクのリーダー作で、なかなかの聴きモノが沢山ある。

今日、聴き込んだモンクのアルバムは『Mulligan Meets Monk』(写真左)。1957年8月の録音。パーソネルは、Gerry Mulligan (bs) Thelonious Monk (p) Wilbur Ware (b) Shadow Wilson (ds)。Gerry Mulligan(ジェリー・マリガン)といえば、米国西海岸ジャズの中心人物、バリトン・サックスの名手。そのマリガンと最盛期のモンク、二人のジャズ・ジャイアンツによるアルバムです。

モンクのあの独特と音の重ね方、あの独特なリズム感、あの独特なフレーズに、マリガンが、どうやって立ち向かうか、が興味の的です。マリガンも、結構柔軟で協調性が高いように見えるんですが、意外と自分のペースを貫き通すところがあるので、ジャズ界の最高の個性であるモンクとの組合せは如何に、というところですが、これが以外や以外、結構、充実した内容になっています。
 

Mullian_meets_monk

 
モンクの音に、モンクの演奏に合わせて、マリガンが非常に良く反応しています。モンクの独特のフレーズを良く理解して、変に重ならない様、効果的にユニゾン&ハーモニーが出来る様、注意深く、時に反射的にカウンターをかましていきます。あのでっかいバリトン・サックスを自由に操りながら、モンクの独特なフレーズとリズムに追従するマリガンって凄いですね。

冒頭の「'Round About Midnight」はすばらしい出来です。かなり有名なモンク・スタンダードなんで、どうなることやら、と思いましたが、2人の掛け合いは、程良い緊張感の下、なかなかのものです。

「Sweet and Lovely」は唯一のジャズ・スタンダードですが、モンクのピアノは「どこが、Sweet and Lovelyなんや〜」って感じで、モンクの個性をバンバン振りまいて、圧倒的に「硬派に」ガンガン弾き倒します。マリガンはそんな全快モンクを向こうに回して、モンクのピアノに絶好カウンターをかまして、印象的なフレーズをガンガンに繰り出します。このやりとりを聴くと、ジャズってええなあ、って思います。

ベースのWilbur Ware、ドラムのShadow Wilson は、モンクとマリガンの2人に比べて、あまり目立ちません。モンクとマリガンを自由にコラボさせるべく、しっかりとリズムとビートをキープする役割に徹しているようです。特に、ドラムのShadow Wilsonは目立たない。叩き出すリズムは「ツンツク、ツンツク、ツンツク」という単調な4ビートなリズムが多くて、リズムボックスのよう。もう少し、ドラムとして変化をつけて、モンクとマリガンに絡めば面白かったと思うんですが・・・。

モンクの名盤、マリガンの名盤という類のアルバムではありませんが、聴いていて楽しい二人のコラボ。特にモンクは楽しそう。絶好調にモンク・フレーズをガンガンに叩き出しています。逆に、マリガンはそんなモンクを向こうに回して、疲れたのかなあ。このアルバムの後、二人のコラボが再現されることはありませんでした。

なかなか良いアルバムです。モンクとマリガンの「一期一会の出会い」を心ゆくまでお楽しみ下さい。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ビートルズを知らない子どもたちへ | トップページ | バイオリン・フュージョン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/32434201

この記事へのトラックバック一覧です: マリガン Meets モンク:

« ビートルズを知らない子どもたちへ | トップページ | バイオリン・フュージョン »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ