« モンクのソロピアノは上級向け | トップページ | Magical Mystery Tour は互角 »

2009年11月 7日 (土曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・3

本業の方で、緊急検討を要するトラブルが勃発し、集中検討をするべく、箱根の研修センターに「缶詰」になって来た。プライベートの小旅行で行くには、箱根はそれなりに楽しいところだが、仕事で行くんだから楽しいはずが無い。それでも、7合目くらいまで、雪で白くなった富士山を見ると、それはそれなりに美しくて、一瞬、尖った心が和む。

降り注ぐ 日差しに踊る 芒かな

さて、ジャズ者初心者向け特集「ピアノ・トリオの代表的名盤」の第3回目。第3回目のジャズ・ピアニストは、ウィントン・ケリー(Wynton Kelly)。ご紹介するアルバムは『Kelly at Midnight』(写真)である。パーソネルは、Wynton Kelly (p) Paul Chambers (b) Philly Joe Jones (ds)。1960年4月27日の録音。

ウィントン・ケリーは、健康優良児的に、ポジティブにスイングするピアノが特徴。コロコロと明るく転がるようにフレーズがスイングする。端正に転がるようにスイングするのではなく、独特の揺らぎをもって、この「揺らぎ」が翳りとなってスイングする。この「独特の揺らぎ=翳り」を楽しめるようになると、もう既にケリーのファンになっている。

そして、バックのリズム&ビートを司るのは、マイルス・グループで一緒の、ベースのポール・チェンバース、ドラムのフィリー・ジョー・ジョーンズである。これまた、二人とも名手中の名手。ここにコロコロと明るく転がるようにスイングするケリーのピアノ。悪かろうはずがない。

冒頭の「Temperance」だけで、ジャズのピアノ・トリオってこうじゃなきゃね〜、なんて感じ入って、聴いていて楽しくなってしまう。前奏の魅力的なユニゾンだけで、ハードバップの楽しさを耳一杯に感じてしまう。そんな「魔法」の様なアルバムである。
 

Kelly_at_midnight_17

 
とにかく、ケリーのピアノが絶好調。冒頭の「Temperance」がまず良い。曲自体も良いので、余計に素晴らしいスイング感に感じ入ってしまうのだが、この「Temperance」でのケリーの演奏ほど、ケリーのピアノの特徴を体感できる演奏もないだろう。とにかく、聴いていて楽しい、の一言。

3曲目以降の「On Stage」「Skatin'」「Pot Luck」については、好調にスイングし続けるケリーの「コロコロ」ピアノのバックで、バシンビシンとスネアをひっぱたく様な、野趣溢れる奔放なフィリー・ジョー・ジョーンズのドラミングと、ブンブンブンと弦を鳴り響かせながら、堅実・冷静に魅力的なビートを供給するポール・チェンバースのベースが「聴きもの・聴きどころ」である。

野趣溢れる奔放なフィリー・ジョーのドラミングと、堅実・冷静にブンブン弦を鳴り響かせながら、魅力的なビートを供給するチェンバースのベースに煽られて、ケリーのピアノもボルテージが上がる上がる。タッチがとことん強くなり、三位一体のテンションの高い、レベルの高いピアノ・トリオの演奏を聴くことが出来る。

このテンションの高さのお陰で、僕は最初このアルバムはライブ盤だと思った位だ。そう、このアルバムはスタジオ録音ながら、ライブ盤の様なテンションの高さと奔放さ、そして、なによりトリオ演奏の全編の底に流れる「楽しさ」が魅力。

良いアルバムです。収録時間は33分弱と短いですが、忙しい中、就寝前にちょっと耳を傾けるには、ちょうど良い収録時間です。アルバムの収録時間は、長ければ良いというものではありません。短くても、しっかりとした内容があれば「良好盤」でしょう。

そうそう、この『Kelly at Midnight』、代表的なものとして、2種類のジャケットデザインがあります。どちらも同じ内容なんですが、僕は、LP時代からの左のジャケットデザインに愛着があります。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

保存

« モンクのソロピアノは上級向け | トップページ | Magical Mystery Tour は互角 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ・トリオの代表的名盤・3:

« モンクのソロピアノは上級向け | トップページ | Magical Mystery Tour は互角 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー