« 京都にまつわる「70年代Jポップ」 | トップページ | どこで「もらってきた」のだろう? »

2009年11月24日 (火曜日)

『ジャズの小径』11月号アップです

体調が優れないのだが、今日は、本業の方が「振替休日」。一日、寝たり起きたりの、何とはなしにグズグズした生活に終始。それでも、今日こそは、ジャズ・フュージョン館の『ジャズの小径』の11月号をアップせねばならず、うだうだしながら、ホームページを更新。

立冬を 過ぎてたちまち 風邪薬

今月の『ジャズの小径』の特集は「コール・アンド・レスポンス」。「コール・アンド・レスポンス(call and response)」は、その「ゴスペル」で活用される歌唱法。ソロ・パートの人が歌った部分をその他のメンバーや観客が繰り返し歌う歌唱法です。

最近、ゴスペル合唱がブームのようです。一昔前までは、年の暮れのアマチュア合唱といえば、ベートーベンの交響曲第9番の第4楽章を皆で合唱しよう、というのがほとんど定番だったんですが、最近は「ゴスペル合唱」が台頭してきたようです。でも、日本における「合唱」というジャンルで、従来のクラシック一辺倒から、音楽の選択肢が増えるのは大変良いことだとは思います。

ジャズにおいても、「ゴスペル」の要素を巧みに取り入れ、主に、ファンキー・ジャズのジャンルで、この「コール・アンド・レスポンス」の歌唱法を楽器に置き換えて使われることが多々あります。今月の『ジャズの小径』では、「コール・アンド・レスポンス」が特徴の、ファンキー・ジャズの名盤2枚をご紹介しています。

Komichi_200911

「コール・アンド・レスポンス」には、黒人の苦難の歴史が隠されているんで、諸手を挙げて、楽観的に「良い感じやな~、ファンキーやな~」なんて楽しめないんだけれど、クラシックなどヨーロッパ音楽に無い、米国黒人音楽ならではの歌唱&演奏手法として、十分に優れているものだと思います。

ご紹介しているのは、Art Blakey & The Jazz Messengers『Moanin'』。そして、もう一枚は、Nat Adderleyの『Work Song』。どちらも、ファンキー・ジャズのジャンルの中で「名盤の誉れ高い」アルバムです。「ファンキー・ジャズ、ここに極まる」。ジャズの「ノリ」という面では、この「コール・アンド・レスポンス」は無敵です。

ゴスペル調の前奏が実にファンキーな「モーニン」。出だしの前奏で、かの有名な「タッタタタララタッタ~、タ~タ」。ボビー・ティモンズのピアノのメロディーに、トランペットとサックスが応答する。ジャズでの一番有名な「コール・アンド・レスポンス」。至福の時である(笑)。

ナット・アダレイの「Work Song」の「コール・アンド・レスポンス」も、「モーニン」に負けず劣らずに有名。「ン、タッタラ~ラタッタラタ~ラ、タッタラ~ラタッタラタ~」。なんと印象的なフレーズだろう。ナット・アダレイのファンキーなコルネットに、ギターとベースが応答する。至福の時である(笑)。

詳しくは、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」(左をクリック)へお越し下さい。お待ち申し上げております m(_ _)m。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 京都にまつわる「70年代Jポップ」 | トップページ | どこで「もらってきた」のだろう? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ジャズの小径』11月号アップです :

« 京都にまつわる「70年代Jポップ」 | トップページ | どこで「もらってきた」のだろう? »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー