最近のトラックバック

« あっけらかんとしたフュージョン | トップページ | 第2期黄金時代の到来! »

2009年10月 1日 (木曜日)

ザビヌル、孤軍奮闘!

ウェザー・リポートの聴き直しを進めている。第4作『Mysterious Traveller』のテーマは、ジョー・ザビヌル(写真右)の「一人で出来るもん」(笑)。第3作『Sweetnighter』で、創設メンバーのビトウスを退団に追いやったザビヌル。第4作で、もう一人の創設メンバー、ウェイン・ショーターも蔑ろにして、ウェザー・リポートを私物化しようと思ったら、完全に「転けた」。

第4作『Mysterious Traveller』では、ビトウスの退団が、実に大きなマイナスだったことを証明した様な内容になった。バンドの基本ビートは、ファンクから、アーシーな野趣溢れるアフリカンなビートに変化したが、全編に渡って、ザビヌルのキーボードは精彩が無い。

原因はリズム・セクション。ビートが上手く供給されないと、そのビートの上に旋律を乗せていく電子キーボードは辛い。加えて、ザビヌルは、ハービーやチックに比べて、キーボードの扱い、特にシンセサイザーの扱いがイマイチ。とてもじゃあないが「一人で出来るもん」どころでは無い。

そして、第5作目の『Tale Spinnin'(邦題;幻祭夜話)』(写真左)。まず、脱・ビトウス、脱・コズミック・ジャズの対策。キャッチャーでアーシーな曲を用意して、コアなジャズファン以外にも、売れるようにしなければならない。確かにその対策の成果が出ている。冒頭の「Man in the Green Shirt」や、4曲目の「Badia」など、実にキャッチャーな旋律を持ったアーシーな名曲である。

Tale_spinnin

加えて、後のバンドの音楽的指向のベースとなる「エスニック&ユートピア」への傾倒と効果的なジャズ的エッセンスの付加である。これが無いと、アイデア優先のチープなフュージョンとして扱われる可能性がある。その対策は、そう、ウェイン・ショーターのカムバックである。

この『Tale Spinnin'』では、いつになく、ショーターが吹きまくっている。やはり、ショーターが腰を据えて吹く、モーダルなサックスは魅力抜群。このショーターの本格的参戦により、「エスニック&ユートピア」な音作りに、効果的なジャズ的エッセンスが付加されて、アルバム全体が、ジャズ・アルバムとしても魅力的になった。

キャッチャーな曲を用意した。「エスニック&ユートピア」な音作りに、効果的なジャズ的エッセンスを付加して、後のバンドの音楽的指向のベースとなる「エスニック&ユートピア」的アプローチも定着できた。でも、最後の難問、アーシーでファンキーなビートを供給するリズム・セクションの問題は解決されていない。ドラマーに Leon "Ndugu" Chancler に代わり 、ベースは Alphonso Johnson が継続。まだまだ弱い。よって、まだまだ、ザビヌルのシンセは「なんとなく不完全燃焼」。

でも、この『Tale Spinnin'』、前作『Mysterious Traveller』よりは、その内容は遙かに良くなった。ザビヌルの努力たるや、涙ぐましいばかりである。「もっと売れたい」、加えて「俺一人でもいける」。でも「俺一人では駄目だ」、でも「売れたい」。その「売れたい」という強い心が、この過渡期のウェザー・リポートを突き動かしている。

動機は不純だが、内容的には、ジャズとしてもフュージョンとしても、魅力的な内容を持ち合わせるようになってきている。ザビヌルの執念、恐るべしである(笑)。しかし、このザビヌルの想いが満願達成されるのは、かの天才エレベ奏者、ジャコ・パストリアスが、ウェザー・リポートに参戦してからのこと。そして、いよいよ次作『Black Market』の制作途中で、そのジャコ・パストリアスが参戦してくるのである。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« あっけらかんとしたフュージョン | トップページ | 第2期黄金時代の到来! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/31585519

この記事へのトラックバック一覧です: ザビヌル、孤軍奮闘!:

« あっけらかんとしたフュージョン | トップページ | 第2期黄金時代の到来! »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ