最近のトラックバック

« ジャズ喫茶で流したい・9 | トップページ | ザビヌル喜ぶ、やった売れた »

2009年10月 6日 (火曜日)

秋雨に「元気の出るフュージョン」

良く降る雨だ。これを「秋の長雨」というのだろう。朝からしとしと、そぼ降る雨。秋の長雨は苦手である。とにかく高校時代から良い思い出が無い。もともと「晴れ男」なんで、いざという時には問題は無いんだが、それでも、時々、秋の長雨が僕を萎えさせる。

人待ちの 秋の長雨 恨めしく

さて、僕ははっきりいって雨が嫌いである。よって、傘というものを持つのもさすのも嫌い。それでも、もっと嫌いなのが「濡れること」。よって、仕方なしに会社用のカバンには「折りたたみの傘」が入っている。とにかく、秋の長雨は「鬱陶しい」「淋しい」「やるせない」。心がドップリ暗くなる。それだけ、秋の長雨に良い思い出が無いってこと。

心がドップリ暗くなったら、ここは一発、ポジティブなフュージョンを聴いて、暗くなった心を、しっかりと持ち上げたい。ポジティブなフュージョン、何が良いか、と探して、チョイスしたアルバムが、トム・スコットの『アップル・ジュース』(写真左)。これが良い。これならば、秋の長雨で萎えた心を持ち上げることができる。時間帯は「昼下がり」。秋の長雨で、お客の誰もいない音楽喫茶「松和」の昼下がりが良い。

この『アップル・ジュース』というアルバムは、僕にとって「特別」なのだ。パーソネルをご紹介すると、今は亡き、リチャード・ティー(key)とエリック・ゲイル(g)、ヒュー・マクラッケン(g)、マーカス・ミラー(eb)、スティーブ・ガッド(ds)ラルフ・マクドナルド(per)とズラリ並んだ、フュージョンの強者ども。特に、リチャード・ティー、エリック・ゲイル、スティーブ・ガッドとくれば、かの伝説的フュージョングループ「スタッフ」の主要メンバーですよね。

Apple_juice

このトム・スコットの『アップル・ジュース』って、このスタッフの主要メンバーの参加が、僕にとって「特別」なんですね。冒頭のタイトル曲「アップル・ジュース」の前奏だけで、アドレナリン全快。あのティーの独特なフェンダー・ローズの音、ガッドのスチャスチャスチャという「デジタル的」ドラミング。これを聴くだけで「このアルバムはええで〜」。

ヒュー・マクラッケン(g)、マーカス・ミラー(eb)、ラルフ・マクドナルド(per)の参戦も素晴らしい。もう、上質のフュージョンがここにある、と叫びたい(笑)。その上、更にゲストとして、「So White And So Funky」に、あのドクター・ジョンがボーカルとピアノで加わってます。アメリカン・ルーツ・ロックのファンである僕にとっては実に「グッド」。

「ゲッティング・アップ」でのトム・スコットのEWIソロにも、思わず「仰け反る」。アルバム全編に、メリハリの効いた、端正なトム・スコットのサックスが響き渡る。とにかく、どの曲もどの曲も、思わず「お見事!、ええやん!」というほかありませんね〜(笑)。いやいや、これだけ、フュージョン・ジャズの美味しいところを満載したライブ盤って、なかなかありません。

元気が欲しい時には、トム・スコットの『アップル・ジュース』。フュージョンの名盤の一枚。気持ちが持ち上がること請け合いです。特に、今は亡き、リチャード・ティーのフェンダー・ローズには涙涙涙です。これだけ、ソフト&メロウにフェンダー・ローズを弾けるキーボーダーはティー以外にいないでしょう。このアルバム、リチャード・ティーのフェンダー・ローズを愛でるのに最適な一枚でもあります。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« ジャズ喫茶で流したい・9 | トップページ | ザビヌル喜ぶ、やった売れた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/31678110

この記事へのトラックバック一覧です: 秋雨に「元気の出るフュージョン」:

« ジャズ喫茶で流したい・9 | トップページ | ザビヌル喜ぶ、やった売れた »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ