« Beatles『HELP!』4人はアイドル | トップページ | チック・コリア『From Miles』 »

2009年10月13日 (火曜日)

秋はMJQの季節ですね...

寒くなった。このところ、朝夕、肌寒いを通り越して「寒く」なった、我が千葉県北西部地方。日の沈むのも早くなったし、なんだか「うら淋しい」秋の夕暮れという風情。この「うら淋しい」秋の風情、僕は苦手である。

寂しさを 持て余しつつ 銀杏散る

この「うら淋しい」秋の風情には、賑やかな、ファンキーコテコテのジャズは似合わない。繊細で、アーティスティックで、哀愁漂うジャズが良い。秋のこの季節に合うジャズ。僕は、大学時代からMJQが、この季節のお気に入りである。

MJQ、フルネームは、Modern Jazz Quartet。メンバーは、ジョン・ルイス(p), ミルト・ジャクソン(vib), パーシー・ヒース(b), コニー・ケイ(ds) 。40年にも渡ってアンサンブルを演奏するなかで、一度もレギュラー・メンバーにでホーンプレーヤーを入れることなく、クラシックに影響をうけた作曲を通して、ジャズのアーティスティックな面にフォーカスを当てて、ジャズの芸術的地位を向上させた功績は大である。

そのMJQの記念すべきアトランティック移籍第1弾アルバム『フォンテッサ』(写真左)。1956年作品。 ルネッサンス時代の喜劇から影響を受けた、クラシック的な曲の構成と、それに呼応するような繊細かつテクニカルな名演が光る。

Fontessa

ジョン・ルイスの音数が少ないが、実に叙情的かつブルージーなピアノと、音が印象的に伸びるミルト・ジャクソンの情感溢れる叙情的なヴァイヴ。ファンキーなだけがジャズでは無い。こんなにアーティステックな演奏が出来るんだ、ということを身をもって示してくれるMJQの名演の数々。名盤だ。

1曲目の「ヴェルサイユ」を聴くと、クラシック的ではあるが、演奏の底にしっかりとブルージーな感覚が太く流れている。後のクラシックの名曲を題材としてフュージョン的演奏とは一線を画する、ドップリとジャジーな演奏に舌を巻く。4曲目の「虹の彼方に」など、その情感溢れるミルト・ジャクソンのヴァイヴにウットリするやら、ウルウルするやら(笑)。この季節にピッタリの「虹の彼方に」を聴いて、心はすっかり「ストレス解消」。

秋はMJQの季節。日頃、あまり触手が伸びない「MJQのアルバム達」が聴きたくなる。そんな一枚が、この『フォンテッサ』。その内容は抜群。でも、日頃、あまり触手が伸びないのは何故か。それは、その内容が、この秋の季節に「実にピッタリ」合っていて、他の季節で聴くには、ちょっと違和感があるからなんだ、と思っています。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« Beatles『HELP!』4人はアイドル | トップページ | チック・コリア『From Miles』 »

コメント

こんばんは
Modern Jazz Quartetいいですね
いまの季節にピッタリきます


自分はジャンゴが好きです


最初はなんかなじめなかったんですが 歳を重ねていくうちに 良さが理解出来た感じがします


ミルト・ジャクソンのヴァイヴが特に好きです


秋はMJQの季節!

ケンさん、こんばんわ。松和のマスターです。

MJQの「ジャンゴ」。永遠の名盤のひとつですね。哀愁をおびつつも
ブルージーなミルト・ジャクソンのヴァイヴとシンプルでジャジーな
ジョン・ルイスのピアノ。その組合せが素晴らしい、確かに秋の季節に
ピッタリの名演ですね。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋はMJQの季節ですね...:

« Beatles『HELP!』4人はアイドル | トップページ | チック・コリア『From Miles』 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー