最近のトラックバック

« スタンダードが聴きたい | トップページ | Beatles『Revolver』はモノラル »

2009年10月24日 (土曜日)

マイケル・ブーブレ「It's Time」

昨晩から今朝にかけてグッと気温が下がった。北東の風が「ぶぶぶぶ」とだらしなく吹き続いて、寒い朝の我が千葉県北西部地方。長袖のシャツに上着を羽織ってちょうど良い。いよいよ「秋深し」である。

秋深し 鐘の音一つ 帰り道

9月に大阪のお嬢が上京した折、マイケル・ブーブレの『It's Time』をプレゼントされた。「まあ、とにかく聴いてみて、絶対に気に入るから」という彼女の弁。マイケル・ブーブレって、どっかで聞いた名前やなあ、と思いつつ、感謝感謝。そして、毎度恒例、感想文の提出である(お嬢、どうやった?)。で、これが良く書けていると自画自賛。そのまま置いておくと勿体ない、ということでこのブログにもアップすることにした。

閑話休題。ジャズ男性ボーカリストの中で、僕にとって、一番好きな「声」の響きの持ち主が、フランク・シナトラ。フランク・シナトラは、1915年、ニューヨーク市近郊のニュージャージー州でイタリア系アメリカ人の家庭に生まれ、1998年没。アメリカのポップス史上の最高のジャズ・ポピュラー歌手、20世紀を代表する歌手の一人。その類い希なる素晴らしい歌唱力と魅力的な声を称え、「ザ・ヴォイス」と呼ばれた。

シナトラの歌唱は大好きで、「My Way」や「A Foggy Day」などの歌唱には惚れ惚れする。シナトラの声は「判別しやすい」。どんな再生装置でも、どんな騒がしい場所で流れていたとしても、何故か「シナトラだ」と判る。「ザ・ヴォイス」と呼ばれる所以である。

さて、マイケル・ブーブレの『It's Time』(写真左)の2曲目「A Foggy Day (In London Town)」を聴いて、思わず、「これってフランク・シナトラの再来やん」と大感激。絶品である。もともと、この2曲目の「A Foggy Day」は、フランク・シナトラの名唱で有名な曲で、このブーブレの歌声を聴いて、本当に嬉しくなった。「シナトラの後継者現る!」って感じですね。

Micheal_itstime

9曲目の「Try A Little Tenderness」、12曲目の「I've Got You Under My Skin」にも、ニヤリとする。いずれの曲もシナトラの十八番なんだが、マイケル・ブーブレは、伝説的な「シナトラの歌唱」を意識しつつも、決してコピーに走らず、偉大な「シナトラの歌唱」にビビらずに、しっかりと個性を発揮しつつ、スタンダードを歌い上げていく姿勢は立派だ。他の収録曲も良い歌唱です。全編、若々しく、瑞々しい、スタンダード歌唱が溢れています。

マイケル・ブーブレは、1975年、カナダで生まれ、祖先はイタリア系。現在祖父母はイタリアに近い、クロアチアのトロジルに住んでおり、その祖父はジャズ・レコードのコレクターで、幼いときからマイケルはそのレコードを聴いて育ったのこと。これだけ、ジャズ・ポピュラーな曲を歌いこなせるのは、その影響なんでしょうね。

ブーブレは、イタリア系カナダ人、シナトラは、イタリア系アメリカ人。この「イタリア系」の部分でも、ブーブレとシナトラとの不思議な「縁」を感じます。またこのCDはシナトラが自ら創設したリプリーズ・レコードの制作です。これまた不思議な「縁」。しかも、この『It's Time』は、全編に渡って、往年のシナトラを偲ばせる、ゴージャスなジャズ・フル・オーケストラをバックにした歌唱ですから、否が応でも、シナトラを彷彿とさせます。

しかも、まだまだ若さが先行しているとは言え、ブーブレの歌唱は「シナトラ譲り」と言っていいでしょう。とにかく「声」が良い。惚れ惚れする。歌唱テクニックも若さ優先のストレートなもので好印象。かのシナトラが、中年以降に身につけたパンチのある 歌唱法を既に持ち合わせている。この若さで「恐るべし」である。

こういう面でも「シナトラの後を継ぐ者」という形容は実に言い得て妙と言えると思います。決して言いすぎではない。このまま素直に伸びていけば、今世紀の男性ジャズ・ボーカルは、当面、ブーブレの時代になるのではないでしょうか。他のアルバムも聴いてみたいですね。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。  
 
 

« スタンダードが聴きたい | トップページ | Beatles『Revolver』はモノラル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/31922351

この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ブーブレ「It's Time」:

« スタンダードが聴きたい | トップページ | Beatles『Revolver』はモノラル »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ