« 不意な出来事に「エレ・ファンク」 | トップページ | 僕の大の「お気に入り」である »

2009年10月10日 (土曜日)

ジャズ喫茶で流したい・10

今朝は冷え冷えした「秋の朝」。秋深まる、という感じがピッタリの今日の気候。ここ千葉県北西部地方は、金木犀が満開。金木犀の香りが蔓延している。あまりに香りが強くて、ちと辛い。

これだけ肌寒くなると、いよいよ「鍋のシーズン」である。我が家は、本日、鍋のシーズン開幕と相成った。今日の鍋は「キムチ鍋」。ちょっと独創的な工夫を入れて、実に上手く出来た。今までのキムチ鍋で一番の出来。これは「人に出せる」(笑)。

肌寒く 深まる秋に キムチ鍋

さて、今日は「ジャズ喫茶で流したい」シリーズの10回目。懐かしのDENONレーベルでの作品。1970年代、日本国内レーベルDENONは素晴らしい仕事をしていました。カタログにあるアルバムは、ジャズとして、どれも良い出来でした。そんなDENONレーベルの中の、Archie Shepp(アーチー・シェップ)『 Ballads For Trane』(写真左)。1977年5月の録音。パーソネルは、Archie Shepp (ts, ss), Albert Dailey (p), Reggie Workman (b), Charlie Persip (d)。なんと渋いメンバーなのか。

ジョン・コルトレーンの直系といわれる、テナー奏者、アーチー・シェップが、コルトレーンゆかりのバラード・ナンバーだけを集中して取り上げたアルバムです。コルトレーン亡き後、フリー・ジャズの旗手として認識されていたアーチー・シェップでしたが、どうしてどうして、正統な、メインストリーム・ジャズを演奏させてみれば、あ〜ら不思議、テクニック、歌心を共に持ち合わせた、正統派テナー・マンに早変わり。

Ballads_for_trane


収録されているバラード曲は以下の通り。

1. Soul Eyes, 2. You Don't Know What Love Is, 3. Wise One, 4. Where Are You?, 5. Darn That Dream, 6. Theme For Ernie

う〜ん、良い選曲だ。これらコルトレーンゆかりのバラード曲を、時には、旋律を噛みしめるようにむせび泣き、時には、感極まった雰囲気でエモーシャルに吠え叫び、時には、喜びの表情で明るく伸びやかに、縦横無尽にテナーを吹きまくる。

このバラードに特化した演奏を聴くと、とにかく、アーチー・シェップのテナーは上手いということを再認識する。とにかく上手い。コルトレーンが着目していた若手テナーマンだということを実感する。とにかく、聴いていてリラックスできる。聴いていて感動する。細かい説明は意味をなさない。久しぶりにこの一言、「聴けば判る」。

パーソネルの選定、コルトレーンゆかりのバラード・ナンバーだけを固めた選曲など、ジャズ先進国、日本ならでは企画である。実に良いアルバムを残してくれたものだ。DENONレーベルに感謝したい。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 不意な出来事に「エレ・ファンク」 | トップページ | 僕の大の「お気に入り」である »

コメント

お疲れ様です
キムチ鍋ですか?
いいですねぇ〜 寒い一日の終わりには 最高ですね


さて Ballads_for_trane そそられますね

本当は 即買いなのですが今月はちょっとお金を使い過ぎの傾向にありまして 涙を飲んでAmazonの欲しいものリストにチェックしました


( ̄◇ ̄;)
でも 今すぐ欲しいな

今夜はジュリー・ロンドンを聞いています

彼女の声が一番好きかな

ラブレターズが最高ですね

ダイアナ・クラールやナット・キング・コールの同曲も捨て難いですが・・

では 失礼します

こんばんわ、ケンさん。松和のマスターです。

ジュリー・ロンドンですか〜。良いですね〜。「Love Letters」
名唱ですね。『Around Midnight』が僕は好きです。夜中、
寝る前にたまに聴きます。良い声ですよね〜。ジャケットも
小粋で良いです。
 
バラードを歌うように吹き上げるアーチー・シェップ。なかなかに
魅力的です。サックスの「声」を使ったボーカリストの様です。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・10:

« 不意な出来事に「エレ・ファンク」 | トップページ | 僕の大の「お気に入り」である »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー