最近のトラックバック

« impulse第1弾『Africa / Brass』 | トップページ | あっけらかんとしたフュージョン »

2009年9月29日 (火曜日)

コルトレーン・ジャズの最高峰

金木犀の香りが街中に充満する、ここ千葉県北西部地方の9月の終わり。今年は特に香りが強いのか、相当、印象的に嗅覚を擽ってくれる。う〜ん、高校時代を思い出すなあ。高校時代、金木犀の香りを一番、印象的に記憶に残っているのは、高校3年の時。その時の一句。

君の髪 ほのかに香る 金木犀

さて、ジャズの話題である。昨日、インパルス時代の第1弾『Africa / Brass』について語ったわけだが、このインパルス時代の前半部が、コルトレーン・ジャズの完成への急速な進歩を記録している訳だが、では、このインパルス時代のコルトレーン・ジャズの最高峰はどのアルバムか。僕は『Coltrane』(写真左)だと思っている。

1962年4月・6月他録音。ジョン・コルトレーン、マッコイ・タイナー、ジミー・ギャリソン、そしてエルビン・ジョーンズという伝説の「黄金のカルテット」のメンバー揃い踏み、初めてのアルバムが本作である。

それまでのベーシストは、レジー・ワークマンであった。レジー・ワークマンは麻薬癖が問題で、ライブ活動に結構支障をきたした、という噂があるが、アルバム録音の時には、レジー・ワークマンは欠かせなかった。というか代わりがいない。

ポール・チェンバースみたいな凄腕はそうそういない。レジー・ワークマンのベースは、太くてしなやか、そして迫力満点。決して、コルトレーンのサックスに負けない、しなやかな鋼のようなベース。代わりはいないのか。ようやく見出した「ジミー・ギャリソン」。

Impluse_coltrane

この「ジミー・ギャリソン」のベースを迎えて、黄金のカルテットの揃い踏みである。この『Coltrane』の冒頭「アウト・オブ・ジス・ワールド」から凄い迫力である。6/8拍子のアフロ・リズム。アフリカン・ミュージックをベースにした、当時最先端のジャズ。モード+フリーの、怒濤のようなインプロビゼーションの嵐。吹きまくるコルトレーン。凄い。最高だ。

2曲目の、心に染み渡る、珠玉のバラード「Soul Eyes」。歌心溢れるコルトレーンのサックス、マッコイ・タイナーのピアノ、このバラードの伴奏を聴いて、ジミー・ギャリソンを採用した、その本当のところが理解できた気持ちになる。そして、バラードのドラム伴奏はこうやるんだ、と言わんばかりのエルビン・ジョーンズの繊細なドラミング。エルビンがこんなに繊細なドラミングをするとは思わなかった。美しいドラミング。溜息がでる。

魂に染みるような「Tunji」、モード+フリーが吹き荒れる「Miles' Mode」。とにかく凄いの一言に尽きる。ポップ性、大衆性を全く無視して、テナーのテクニックとジャズのテクニック、ジャズの奏法を極めんばかりの、嵐のような「モード+フリー」な展開、そして、コルトレーンの十八番「シーツ・オブ・サウンド」なテナー・ブロウ。

僕は、この『Coltrane』が、コルトレーン・ジャズの最高峰だと思っている。純粋にジャズの演奏を追求し、ジャズのイディオムを追求したアルバム。ここには、宗教色も無く、フリーへの傾倒も無い。音楽として十分に鑑賞に耐える、「芸術」としての、ジャズ演奏の「最良の記録」のひとつがここにある。アフロ・アメリカンのアフリカン・ルーツ・ミュージックへの「強い想い」を強く感じる。

アフロ・アメリカンの、ジャズにおけるひとつの成果がここにあるような気がする。アフリカン・ルーツ・ミュージックの要素が散りばめられた各々の演奏は、実に味わい深い。実に凄い迫力である。凄いアルバムだと思います。ジャズの「硬派な部分」を感じるには、最適なアルバムのひとつだと思います。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« impulse第1弾『Africa / Brass』 | トップページ | あっけらかんとしたフュージョン »

コメント

こんばんは
いつも楽しくロムしてます


最近 コルトレーンが支持されるのがわかってきたような気がします


楽器は違いますがウイントン・マリサリス


彼は素人の自分が聞いても相当 上手いのがわかります


マイルスよりテクニックは上ではないでしょうか


マリサリスのアルバムは何枚か買いましたが すべて綺麗過ぎて飽きてしまうのです


ただ スタンダード・タイム・1の キャラバンは最高にイカしてますが


さてコルトレーン


アフリカン・ルーツ・ミュージック・・・そうですよね


ちょっと泥臭い感じがいいんですよね


味があるんですよね


少しづつよさがわかってきました

いらっしゃい、ケンさん。松和のマスターです。
 
ウィントン・マルサリス。そのうち、当ブログで語ってみたいと思っています。

確かに、ウィントンのペットのテクニックは天才そのものですね。スタジオ
録音では、考えすぎるというか、やり過ぎでしまうみたいで、ちょっと
カッチリし過ぎて、隙がないというか、遊びが無い、といったところが
弱点みたいですね。よって、ウィントンはライブが良いです。ケンさんが
ご指摘の『 スタンダード・タイム Vol.1」の「キャラバン」は、そのライブ
の雰囲気に近いです。また、このブログでご紹介したいと思います。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/31557135

この記事へのトラックバック一覧です: コルトレーン・ジャズの最高峰:

« impulse第1弾『Africa / Brass』 | トップページ | あっけらかんとしたフュージョン »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ