最近のトラックバック

« Weather Reportの初期の傑作 | トップページ | 思わず「おお〜っ」と声を上げる »

2009年8月 3日 (月曜日)

ザビヌル「Weather Report」の船出

2作目の『I Sing the Body Electric』で、当初目的を達成してしまった「Weather Report」。エレクトリック純ジャズの最高峰を極めた訳だが、あくまでもマニアックな純ジャズ路線。評論家筋やジャズ者の方々からは絶大な評価を得ていたが、如何せん、当時のロックの様に「売上」は上がらない。

当時、マイルスの『オン・ザ・コーナー』、ハービーの『ヘッドハンターズ』はいずれも、スライ&ファミリー・ストーンの音楽に触発された。当然、ザビヌルもそうだっただろう。特に、ハービーの『ヘッドハンターズ』は売れに売れた。もともと「ファンクの商人」と呼ばれるきっかけとなった、キャノンボール・アダレイの「マーシー・マーシー・マーシー」を書いたのは、誰あろうジョー・ザビヌルであった。ザビヌルが、ハービーに追従しようと考えても不思議ではない。

Weather Reportの3枚目のアルバム『Sweetnighter』(写真左)は、Weather Reportのスライ&ファミリー・ストーン化宣言、ザビヌルのWeather Report私物化の第一歩である。冒頭の「Boogie Woogie Waltz」を聴けば、一目瞭然、いや、「一聴瞭然」である。

前作の『I Sing the Body Electric』の踏襲は全くない。ザビヌルのエレクトリック・ピアノは、ファンク・バンドのギターのようなグルーヴ感を生み出し、リズムは整理され、リフレインが多用され、単純化された。これでは、当時の純ジャズの最先端であった、モード的で、ぎりぎりフリーな自由度のある演奏が得意な、アコースティック・ベースの使い手、ミロスラフ・ビトウスの出る幕は無い。このエレピのグルーブ感に絡むベースのフレーズは、生ベースでは出すことが出来ない。

Sweetnighter_2

この時点で、創設メンバーのザビヌルとビトウスの音楽的指向の違いが露わになり、この後、ビトウスは、Weather Reportを去ることになる。音楽的指向の違いによるというよりも、これって、ザビヌルの確信的仕業ではなかったか。ビトウスが去ることにより、その後のWeather Reportの音楽的指向は、ザビヌルが一手に握ることになる。そういう意味で、このアルバムは、ザビヌル「Weather Report」の船出とも言える、ターニング・ポイントとなるアルバムである。

ビトウスが去った後、即座に、ベースにフィフス・ディメンションズのアンドリュー・ホワイトを迎え、ファンクのリズムを完全に取り入れることになる。「Boogie Woogie Waltz」では、ビトウスがウッドベースでお付き合いしているので、なんとかエレクトリック純ジャズの雰囲気がしないでもないが、他の曲はもうエレクトリック・ファンクジャズの世界である。

そこはかとなく、後のバンドの音楽的指向のベースとなる「エスニック&ユートピア」の原型も聴き取ることが出来、そういう意味でも、このアルバムは、後のWeather Reportの音楽的指向を決定づけたアルバムだとも言える。「エスニック&ユートピア」と言えば、ザビヌルの十八番でもあり、良いか悪いかは別として、この『Sweetnighter』で、ザビヌルは、Weather Reportを私物化したとも言える。

アルバム全体の雰囲気は、ハービーに追従したというよりは、マイルスのファンク・ジャズ路線を踏襲しつつ、マイルスよりも、キャッチャーなフレーズで、聴き易くした感じ。まだ、この『Sweetnighter』では、ザビヌル「Weather Report」の個性は感じられない。そのザビヌル「Weather Report」の個性が確立するのは、かの天才エレベ奏者、ジャコ・パストリアスが参加してからのことである。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« Weather Reportの初期の傑作 | トップページ | 思わず「おお〜っ」と声を上げる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/30819668

この記事へのトラックバック一覧です: ザビヌル「Weather Report」の船出:

« Weather Reportの初期の傑作 | トップページ | 思わず「おお〜っ」と声を上げる »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ