最近のトラックバック

« ザビヌル「Weather Report」の船出 | トップページ | 悩める「エレ・ハンコック」 »

2009年8月 4日 (火曜日)

思わず「おお〜っ」と声を上げる

ジャズのアルバムのコレクションをしていると、たまに「おお〜っ」と声を上げたくなるような掘り出し物に出会うことがある。

僕の場合、まだまだ通常のジャズ・アルバムのコレクションの域を出ていないので、マニアの方々がお探しの「幻の名盤」に出会うってことは無いんだが、昔、ジャズ喫茶で聴いた「印象深いアルバム」とか、もう一度聴きたいと思って探している「思い出のアルバム」とかに出くわすと、思わず「おお〜っ」と声を上げてしまう(笑)。

今回「おお〜っ」と声を上げて、思わず「ポチッ」としてしまったアルバムが、Sonny Stitt(ソニー・スティット・写真右)の『Moonlight In Vermont』(写真左)。1977年,日本国内レーベルDENONの企画で制作されたアルバムである。

ソニー・スティットは、パーカー派のテナーとアルトの両刀使いで知られるサックス奏者。パーカー派だけに、スティットのサックスの雰囲気はビ・バップそのもの。この『Moonlight In Vermont』は、そんなスティットが、フュージョン全盛時代、1977年に残したストレート・アヘッドな純ジャズ・アルバムである。

まず、ジャケットが懐かしい。このアルバムは大学時代、僕だけの「秘密のジャズ喫茶」で聴かせて貰った。とにかく、スティットの輝くようなサックスの響きが印象的。スティットのサックスは、ビ・バップの演奏マナーを踏襲しているだけあって、しっかりと吹ききるのが特徴。
 

Moonlight_in_vermont_3

 
急テンポの曲も、スローなバラード曲も、叙情的な感情タップリなブルースも、スティットはサックスを吹き切るのだ。キュイ〜、とブラスの響きを捻りあげるような、特徴あるブロウ。ボボボボ〜と息をコントロールして優しく吹くなんてとんでもない。いかなる曲でも、スティットは「キュイ〜」とブラスの響きを捻りあげるように吹き切るのだ。この「キュイ〜」が印象に残って、暫くスティットが癖になった。ビ・バップ万歳である(笑)。

しかも、パーソネルを見渡してみると、Sonny Stitt(as,ts), Barry Harris(p), Walter Davis Jr.(p), Reggie Workman(b), Tony Williams(ds)とある。おお〜、ドラムは、あのトニー・ウィリアムスなのか。マシンガンの様に繰り出すハイハットの響き。ドドドドと重低音響き渡るバスドラの響き。コココ〜ンと切れ味鋭く響き渡るスネア。おお〜、確かに、このドラミングはトニーや〜。決して目立ちすぎず、スティットの引き立て役に徹した、ややセーブ気味のトニーのドラミングは絶品である。

冷静になってパーソネルを見直してみると、フュージョン全盛時代の1977年に、よくこれだけのビ・バップ〜ハード・バップの手練れ達を集めたもんだと感心する。当時の日本国内レーベルDENONは素晴らしい仕事をしている。収録されている演奏はどれも良い出来です。

スティットのサックスも、さすがに全盛期を過ぎて、若干、音の張りに翳りが見えたり、音程の不安定さも見え隠れします。が、円熟味というか、朗々とした余裕とでも言うのでしょうか、実に味のあるサックスは聴きものだと思います。良いアルバムです。CDは廃盤状態ですが、iTunesなどのダウンロードサイトで入手できます。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

保存

« ザビヌル「Weather Report」の船出 | トップページ | 悩める「エレ・ハンコック」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/30832514

この記事へのトラックバック一覧です: 思わず「おお〜っ」と声を上げる:

« ザビヌル「Weather Report」の船出 | トップページ | 悩める「エレ・ハンコック」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ