最近のトラックバック

« 『E.C. Was Here』とは ... | トップページ | ありそうで無い「異色デュオ」 »

2009年7月 8日 (水曜日)

Rod Stewart & Faces Live

昨日に続いて、70年代ロックのネタである。昨日、今日と、バーチャル音楽喫茶『松和』の「懐かしの70年代館」の松和のマスターとしてのブログネタなので、ジャズ者の方々には、しばし我慢されたい(笑)。

フェイセズのアルバムをずっと聴き直してきて、いよいよラスト・アルバムである。邦題『ロッド・スチュワート & フェイセズ / ライヴ』、正式名『Coast to Coast: Overture and Beginners』(写真左)である。73年にアメリカで録音されたライブ・アルバム。イアン・マクレガンのピアノ、ロン・ウッドのギター、山内テツのベース、ケニー・ジョーンズのドラムス、そして、ボーカルはロッド・スチュワート。

版権の関係でトラブったり、カバー曲が多いとか、録音状態が悪いとか、ロッドが目立ちすぎるとか、発売当時より、評論家やファンから、何かと辛口のコメントが多いアルバムだが、僕はそうとは思わない。大学時代に初めて聴いて以来、僕にとって、このライブ・アルバムは、フェイセズのベストである。

70年代前半、幾多のロック・バンドがデビューしてきたが、スタジオ録音の出来は良くても、ライブ・アルバムは「なんだかなあ」な出来、「トホホ」な出来が多い中、このフェイセズのライブ・アルバムは素晴らしい内容である。当時のロックというジャンルの「良い意味でのラフさ」と「ノリ優先、疾走感優先のグルーブ感」を思いっきり前に押し出した、フェイセズの最高傑作である。

Faces_live

ライブ・バンドとして超一流と呼び声高いフェイセズの面目躍如たる、グルーブ感とノリが素晴らしいライブ・アルバムである。とにもかくにも、フェイセズ独特の「ラフさ」がたまらない。そして、このライブ・アルバムでは、ロッドのボーカルが前面にフィーチャーされる。これまた、ロッドのボーカルの素晴らしいこと。

そして、ロン・ウッドのギターが、これまた「良い」。細かいことは言わない、ノリとグルーブ感を最優先させたリフは、ロンの唯一無二な音。ロックンロール・ギタリストの特質が前面に押し出されて、上質のグルーブ感を生み出している。

このライブ盤を聴いていると、フェイセズって、やっぱり、後から入ってきたロッドとロンの音楽性、資質が反映されたバンド・カラーだったことが、そして、そのロッドとロン中心のバンド・カラーが、フェイセズにとって一番良い選択だったことが良く判る。

このライブ・アルバムでのフェイセズは、ロックにとって、一番大切なグルーブ感とノリ、そして印象的なフレーズと圧倒的に上手いボーカル、それらが全てを兼ね備えている。さすがライブ・バンド。そういう意味で、フェイセズは、70年代ロックバンドとして、一流のバンドのひとつとして数えられて良いと思います。

良いライブ・アルバムです。演奏している者、歌う者、皆、実に楽しそうにパフォーマンスしています。これだけ楽しそうなのに、解散してしまう訳です。当時のメンバーそれぞれの、若さ故の我が儘を感じるし、エゴから来る分別の無さを感じて、ちょっと虚しくなってしまいます。

が、再結成の噂もあるので(そう言えば再結成したのかしら)、歳を取って、分別のある大人になったメンバーが、今度は、どんな音を、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、なんだか楽しみになってきました。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 『E.C. Was Here』とは ... | トップページ | ありそうで無い「異色デュオ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/30462444

この記事へのトラックバック一覧です: Rod Stewart & Faces Live:

« 『E.C. Was Here』とは ... | トップページ | ありそうで無い「異色デュオ」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ