最近のトラックバック

« 夏はいつも「Watermelon Man」 | トップページ | エレクトリック・ハービーを遡る »

2009年7月17日 (金曜日)

パットのグループ・サウンド

現代ジャズ・ギタリストの代表格である「パット・メセニー」。デビューアルバムの『Bright Size Life』で、パット・メセニーのギターの個性的な音とフレーズは、既に完成していた。

『Bright Size Life』では、エコーをたっぷりとかけ、アタッチメントを駆使して、現代のジャズ・ギターの代表的な音色を醸し出し、フォーキーで叙情的な音を完成させていたことが良く判る。フレーズの基本は、ジム・ホール。後に、デュオアルバムを出すほどの熱心なフォロワーである。

しかし、グループとしての「音」はまだ確立していなかった。印象的な音色で、瑞々しさを表現していたが、グループとしてのサウンドの方向性は未成熟であった。そして、このセカンド・アルバム『Watercolors』(写真左)である。このリーダー作で、パット・メセニー・グループとしてのサウンドの基本が確立された感がある。

フォーキーな、アメリカン・ルーツ・ミュージック的な音をグループサウンドのベースに据えて、実に叙情的で郷愁を感じる、力強さとセンチメンタリズムを併せ持った、後のパット・メセニー・グループ(PMG)のサウンドがこのセカンド・リーダー作で確立されている。

そのPMGサウンドの要は「キーボード」。このアルバムでは、効果的にエコーのかかった生ピアノの音が、情感たっぷりにパットのギターに絡む。このピアノの音色がPMGのサウンドを決定付けている。
 

Watercolors

 
この『Watercolors』で、そのPMGのグループ・サウンドの要となる「キーボード」を演奏するのが、PMGの盟友「Lyle Mays(ライル・メイズ)」。このセカンド・リーダー作で、運命の出会いを果たしている。PMGのサウンドの基本である、叙情的な郷愁部分を大部分、キーボードに委ねて、パットは、自在にギター・サウンドを操れるようになった。

そして、そのPMGサウンドの応じて、ベースのEberhard WeberとドラムのDanny Gottliebが、これまた柔軟性豊かな情感溢れるビートを変幻自在に供給する。が、ちょっとベースが弱いかなあ。前作のベースが、ジャコ・パストリアスで、それはもう凄いベースだったからなあ。パットにとってはジャコは最高のベーシストだったと思うが、ジャコの抱える様々な問題が障壁になって、レギュラー・メンバーにはならなかった。実に惜しい。

フォーク、カントリー、ポップの要素をジャズとブレンドしつつ「叙情的・郷愁・変幻自在・力感とセンチメンタリズム」な独特の個性的な音を供給する。この辺りがPMGのサウンドの基本なんだが、このグループ・サウンドの基本が、この『Watercolors』に溢れている。

特に、3曲目「Oasis」のパットのギターとメイズのキーボードのデュオは、PMGのサウンドの基本を如実に伝えてくれる。懐かしい郷愁を感じ、抜けるような乾いた青空を感じる。なんだか聴き進めるうちに、センチメンタルな気持ちになってしまうような、心洗われる演奏です。

ジャズ者初心者の頃、この『Watercolors』を聴いて、ジャズの演奏に、こんなに叙情的で、表現力豊かな側面があるってことを初めて知って、心から感激したことを昨日の事のように思い出します。ジャズの懐の深さを体験できる、実に聴き応えのあるアルバムです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 夏はいつも「Watermelon Man」 | トップページ | エレクトリック・ハービーを遡る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/30586027

この記事へのトラックバック一覧です: パットのグループ・サウンド:

« 夏はいつも「Watermelon Man」 | トップページ | エレクトリック・ハービーを遡る »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ