« ミンガスを克服するコツ・2 | トップページ | 『E.C. Was Here』とは ... »

2009年7月 6日 (月曜日)

心地良く「捻れた」ギター

ジャズ・ギターには「正統派ギタリストの流れ」というものがある。ウエス・モンゴメリーしかり、ジム・ホールしかり、バニー・ケッセルしかり、ケニー・バレルしかり。ジャズ・ギターには「これ」と言った正統な流れがある。

でも、その流れに沿わない、個性溢れるジャズ・ギターが、70年代以降、現れ出でつつある。恐らくは、ロック・ギターの影響、フュージョン・ギターの影響だと思われるが、正統なジャズ・ギターを底に置きながらも、シンセサイズされた、若しくは、フレーズが捻れた、フレーズが不協和音している「個性派ジャズ・ギター」の活躍が楽しい。

そんな中で、僕の一番のお気に入りが、ジョン・スコフィールド(John Scofield・愛称「ジョンスコ」)。このギタリストの、心地良く「捻れた」ギターがお気に入りになって久しい。ジョンスコのギターは、心地良く「捻れて」いる。時には「変態ギター」とも言われる。でも悪い意味での「変態」では無い。良い意味での「変態」である。

僕は、特に、70年代〜80年代の、伝統的なジャズのフォーマットをしっかり意識しながら、心地良く捻れたジャズ・ギターを聴かせてくれるジョンスコが好きだ。例えば、1981年にリリースされたライブ盤『Shinola』(写真左)などは、大のお気に入りアルバムの一枚である。
 

Johnsco_shinola

 
どう心地良く捻れているかは、実際に聴いてもらうのが一番なんだが、普通に弾けば良いものを、独特の感覚で、不協和音を押し混ぜて、ちょっと「グニョん」と捻る。この「グニョん」と捻る、不協和音と協調和音が上手く交じったフレーズがたまらなく「良い」。

その音色もクリアなトーンではない。独特のディストーションが聴いた「くすんだ」トーンが、これまた「心地良い」。例えば、4曲目の「Jean the Bean」のジョンスコのソロを聴けば、その感じが良く判る。この独特のくすんだディストーションが病みつきになると、もうジョンスコから離れられない(笑)。

そして、ラストの「Shinola」が、これまたジョンスコの個性を物語る。これって、もうヘビメタでしょう(笑)。でも、ロックの「ヘビメタ」ではない。しっかりとジャズした「ヘビメタ」で、70年代ハード・ロックを体験したジャズ者からすると、これはもう絶対に「はまる」ハードさ、です。

この心地良く「捻れた」ジャズ・ギター、時には「変態ギター」と崇め奉られる、ワン・アンド・オンリーな世界。そして、しっかりとジャズした「ヘビメタ」ギター。後に、1983年より、マイルス・デイヴィス・グループに加入する。さすがは「我らがマイルス」。その慧眼たるや、恐るべしである(笑)。

この伝統的なジャズのフォーマットをしっかり意識しながら、心地良く捻れたジャズ・ギターを聴かせてくれる、『Shinola』というライブ盤。良い感じです。永遠のお気に入りにギターアルバムの一枚です。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ミンガスを克服するコツ・2 | トップページ | 『E.C. Was Here』とは ... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心地良く「捻れた」ギター:

« ミンガスを克服するコツ・2 | トップページ | 『E.C. Was Here』とは ... »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー