« 『ジャズの小径』7月号アップです | トップページ | 今日は日食でしたね・・・。 »

2009年7月21日 (火曜日)

Bob James のピークのアルバム 

ボブ・ジェームス7枚目のアルバムである。その名も『Lucky Seven』(写真左)。1979年のリリース。このアルバムは、完全に「リアルタイム」。日本での発売日に買いに行った。そして、ゲット。

出だしの名曲「Rush Hour」が全てである。イントロの印象的なリフ「ドララ〜、ドララ〜、ドラ、ドラッドラド〜」を聴くだけで、もう駄目である。そして、前奏の後に出てくる、ボブ・ジェームスのシンセサイザーの印象的な旋律。冒頭の「Rush Hour」を聴いただけで、ボブ・ジェームスをリアルタイムで聴いてきた僕にとって、もう、このアルバムは「最高」のアルバムの一枚である。

個人的感情だけでは駄目ですよね。ちょっと冷静になって、改めてこの『Lucky Seven』を聴いてみる。生ピアノやフェンダー・ローズのみならず、シンセサイザーを、自家薬籠中のものとしてしまった、ボブ・ジェームス。バリエーション豊かなキーボードの音色を手に入れて、旋律の表現力が格段にグレードアップした、この7th.アルバム。

ブラスの重ね方、パンチのあるユニゾン&ハーモニーも、お決まりのルーチン。ボブ・ジェームスならではの音の作りが、これでもか、という感じで、押し寄せてきます。いやはや、これだけ個性溢れるアレンジもなかなか無いですよね。フュージョン・フォーマットにおける最大の個性のひとつでしょう。
 

Lucky_seven_2

 
キーボードの音色が多種多様になりつつも、どんなフレーズを弾いても、しっかりと「ボブ・ジェームス」の音になるところが素晴らしいですよね。5枚目のリーダーアルバム,『Heads』から進めてきた、ボブ・ジェームスのオリジナル楽曲プロジェクト。この7枚目の『Lucky Seven』で、ボブ・ジェームスの個性が完全に形成されています。所謂、ピークを捉えたアルバムであることは間違いない、と僕は思います。

5枚目のソロアルバム『Heads』から始まって、ちょっとソフト&メロウに偏りすぎた、6枚目のソロアルバム『TouchDown』を経て、しっかりと軌道修正をした結果。それが、この『Lucky Seven』である。とにかく、収録された全ての曲の出来が良い。演奏も充実していて、聴いていて気持ちが良い。爽快感、抜群である。

良いアルバムです。この『Lucky Seven』は印象深い。学生時代、朝は「Lucky Seven』でお目覚め、というルーチン・ワークをフッと思い出した。聴く度に、色々な様々な、違った聴き方が出来て飽きが来ない、という面で、このアルバムは、やはりフュージョンの秀作といえるのではないでしょうか。とにかく、フュージョン名盤の一枚ですね。
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

 

« 『ジャズの小径』7月号アップです | トップページ | 今日は日食でしたね・・・。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bob James のピークのアルバム :

« 『ジャズの小径』7月号アップです | トップページ | 今日は日食でしたね・・・。 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー