« 瑞々しいファーストアルバム | トップページ | Eric Clapton と Steve Winwood »

2009年7月14日 (火曜日)

ジャズ喫茶で流したい・5

関東甲信越地方は梅雨が明けた。平年より6日、昨年より5日早いそうだ。確かに晴れている。確かに暑い。う〜ん梅雨が明けたかぁ。夏だ、本格的な夏だ。実は夏は大好き。でも、通勤の暑さは大嫌い。会社に行かなくていいなら、こんなに素敵な季節は無い。

で、ジャズの話。今日は、「ジャズ喫茶で流したい」シリーズの第5弾。自分が本当のジャズ喫茶を持っていたなら「こんなアルバムを流したい」というような、ちょっとマニアックだけれど、ジャズ者初心者の方々にも楽しめるアルバムをご紹介している。その5枚目である。

これは、なかなか面白いアルバムである。Art Blakey『The Jazz Messengers (Columbia)』(写真左)。じっと聴けば、バックのドラムはアート・ブレイキーなのは直ぐに判る。ということは、ジャズ・メッセンジャースのアルバムなんだろうと想像はつく。

音を聴くと収録年はかなり古い時期のものだということも判る。音の様子から1950年代前半〜半ばの音の雰囲気である。演奏のトレンドは、ハードバップ初期。未成熟ではあるが、ハードバップ演奏の骨子はしっかりと組み込まれている。ハードバップ初期のジャズメッセンジャースか、と「あたり」をつける。

ピアノは、そこはかとなくファンキー香る、ホレス・シルバーだと判る。だとすると、ブレイキー&シルバーが席を同じにした、初期のジャズ・メッセンジャースの演奏と確信する。ちなみに、ベースはダグ・ワトキンス。しかし、この溌剌としたトランペットは誰なんだ。このガッツのあるテナーサックスは誰なんだ? という疑問がわく。

とにかく、全編に渡って、はちきれんばかりのブラスの響きを煌かせながら、溌剌とした、テクニック溢れるトランペット。この頃には、既にブラウニー(クリフォード・ブラウン)はいない。逆に、ブラウニーのような天才的な驚嘆もののトランペットとは、ちと違う。誰だ? 

Jazz_messengers

パーソネルを見ると、ケニー・ドーハムとある。「ええっ〜」と思う。これが、ケニー・ドーハムのトランペットなのか? ドーハムのペットって、もっと穏やかで、テクニック的にも、もうちょっと、ふらつきがあるんじゃあなかったっけ。このセッションでのドーハムは違う。吹きまくっている。ここまで吹けるトランペッターだったことに、ちょっと驚く。

同様に、このガッツ溢れ、ガンガン吹きまくるテナーは誰だ? といって、テクニック的には超絶技巧とまではいかない。超絶技巧とまではいかない、ということは、ロリンズでもコルトレーンでもない。でも、音も太く、勢いで吹ききるその様は、絵に描いたようなハードバッパーそのもの。誰だ?

パーソネルを見ると、ハンク・モブレーとある。「ええっ〜」と思う。これが、ハンク・モブレーのテナーなのか? モブレーのテナーってもっと穏やかで、もっと細身の音色ではなかったか。特に、音の太さには驚く。モブレーって、ここまで吹けるテナー奏者だったことに、ちょっと驚く。

このアルバムの面白さは、絵に描いたようなハードバップ的な演奏が、よどみなく、全編に渡って繰り広げられていること、 そして、溌剌としたケニー・ドーハムのペット、とガンガン吹きまくるハンク・モブレーのテナーの存在。これ、ジャズ喫茶でかかったとしたら、このペットとテナーって誰だ?って、絶対にジャケットを確認にいってしまう。

意外や意外、初期ジャズ・メッセンジャースの「隠れ名盤」だと思います。ジャズアルバムの紹介本、ましてや、初心者向けの案内本には、全くといってよいほど、取り上げられることの無いアルバムなんですが、これって、ドーハムとモブレーの意外性もあって、お勧めのアルバムです。

絵に描いたようなハードバップ的な演奏が、よどみなく、全編に渡って繰り広げられていて、聴き進めていくうちに元気が出てくる、ポジティブな内容のアルバムです。夏の暑さを吹き飛ばすように、大音量でジャズ喫茶でかけたいアルバムのひとつです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 瑞々しいファーストアルバム | トップページ | Eric Clapton と Steve Winwood »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・5:

« 瑞々しいファーストアルバム | トップページ | Eric Clapton と Steve Winwood »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー