最近のトラックバック

« 奇跡的なハードロックの名盤 | トップページ | ドラマティックな「モンク体験」 »

2009年6月30日 (火曜日)

良いステレオで聴きたい。

ジャズのアルバムには、演奏のニュアンスや雰囲気によって、良いステレオ装置で聴きたくなるアルバムがある。

録音状態が良くて、各楽器の音が生々しく聴こえるものや、演奏の強弱のメリハリが効いていて、静的な演奏の部分に微妙なニュアンスが垣間見えて、その微妙なニュアンスが聴きどころなもの、などは、どうしても良いステレオ装置で聴きたくなる。

今回聴いた『Poll Winners Ride Again』(写真左)の、そんな「良いステレオ装置で聴きたい」一枚である。Poll Winners(ポール・ウイナーズ)とは、バーニー・ケッセル(g)、レイ・ブラウン(b)、シェリー・マン(ds)の3人で結成されたトリオ。人気投票で各楽器ジャンルで一位に選ばれた3人による、所謂「ドリーム・トリオ」である。

ファーストアルバムは、2009年4月25日のブログ(左をクリック)でご紹介した『The Poll Winners』。スタンダード曲を中心に、3人の職人芸的な演奏が素晴らしい名盤である。この『The Poll Winners』の好評を受けて、この『Poll Winners Ride Again』は、ポール・ウイナーズのセカンド・アルバムである。

冒頭の「Be Deedle Dee Do」の3者のピッタリと息の合ったユニゾンを聴くだけで、決してファーストアルバムの二番煎じではない、二番煎じどころか、3者が本腰を入れて、十分にリハーサルを積んで、このポール・ウイナーズの演奏に取り組んでいる様子が良く判る。
 

Poll_winners_ride_again

 
その後に出てくるレイ・ブラウンのベースの「ゴリゴリ、ブンブン」と生々しく迫力のあるベースの音。今回のアルバムの収録において、レイ・ブラウンの気合いの入りようが音に現れている。アルバム全編に渡って、レイ・ブラウンのベースの音が凄い迫力で鳴り響く。

そして、バーニー・ケッセルが凄まじい疾走感を持って、ギターを弾きまくる。凄いスイング感、素晴らしいスピード感。バーニー・ケッセルのギターってこんなに凄かったっけ、とビックリするような「カッ飛び」ギターである。

そして、気合い入りまくりの二人をガッチリサポートし、お洒落な合いの手を入れる、職人芸的なシェリー・マンのドラム。繊細かつ硬軟自在なシェリー・マンのドラミングにも、気合いの入れようが感じ取れて、聴いていて、ドキドキ、ワクワクする。収録されたどの曲も素晴らしい演奏です。

3人3様に、硬軟自在、緩急自在、音の「強弱、濃淡、メリハリ」が実に効いていて、素晴らしいトリオ・インプロビゼーションです。このアルバム、1958年の録音なのですが、意外と録音が良いので、3人一体となって、素晴らしいテクニックに裏打ちされたインプロビゼーションのニュアンスを心ゆくまで楽しむには、是非とも「良いステレオ装置」で聴きたいアルバムです。

音の「強弱、濃淡、メリハリ」が、かなり効いた演奏ばかりですので、この『Poll Winners Ride Again』は、iPodで聴くにはちょっと物足りないと思います。特に、歩きながらとか電車の中では、細かい演奏のニュアンスが聴き取れない。勿体ないです。

是非とも「良いステレオ装置」で聴きたいアルバム。こんなアルバムは、本格的なジャズ喫茶でリクエストしたいですね。本格的なジャズ喫茶は、どこも「ステレオ装置」については優れたものばかりです(所謂、商売道具ですからね)。一度、有名ジャズ喫茶で、この『Poll Winners Ride Again』をリクエストしてみたいものです。どんな音で鳴るのでしょうか。
  
  
  
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

 

« 奇跡的なハードロックの名盤 | トップページ | ドラマティックな「モンク体験」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/30346587

この記事へのトラックバック一覧です: 良いステレオで聴きたい。:

« 奇跡的なハードロックの名盤 | トップページ | ドラマティックな「モンク体験」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ