最近のトラックバック

« The Facesの最終作『Ooh La La』 | トップページ | 奇跡的なハードロックの名盤 »

2009年6月28日 (日曜日)

素晴らしい変則トリオである。

暫く話題にしなかったが、順調に、ミッシェル・ペトルチアーニのアルバムを聴き進めている。ブルーノートの時代、ドレフュス時代、と並行して気に入ったアルバムを順に聴き進めているんだが、どのアルバムもどのアルバムも、なかなか良い出来で、改めて、ミッシェル・ペトルチアーニの偉大さを再認識している次第。

最近聴いた中で、一番感心したアルバムは『Power of Three』(写真左)。Jim Hall (g), Michel Petrucciani (p), Wayne Shorter (ss,ts)の変則トリオのライブ演奏。第20回Montreuxジャズ祭のBlue Note Nightに出演した時のライヴ盤です。トリオ演奏と、ジム・ホールとのデュエット演奏が交じって、その変化が楽しめる秀作です。

これが良いんですね。まず、トリオ演奏が秀逸。テナーのウエイン・ショーターが良いんですね。ショーターって、ちょっと捻くれた、ミステリアスな、宇宙人的なインプロビゼーションが特徴なんですが、このライブでは、意外や意外、オーソドックスな正統派テナーを聴かせてくれています。さすがショーター。基本中の基本はしっかり押さえいるんですね。素晴らしいテナーです。

ジム・ホールとペトの二人が、デュオで演奏する曲は、ビル・エヴァンス&ジム・ホールの『アンダーカーレント』をイメージしてしまうのですが、これがそうはならない。

Power_of_three

ペトのピアノ演奏は、ビル・エヴァンスの音数を整理した、モーダルな演奏とは違って、タッチにメリハリがあって硬質、インプロビゼーションの展開が、エヴァンスよりダイナミックかつワイド。確かに、ペトはエヴァンスの流れを汲むピアニストではあるが、個性の部分が異なる。

ピアノの個性が異なるので、当然、ジム・ホールの演奏も、ビル・エバンスの時とは異なる。ペトのピアノと重ならないように、ペトのピアノを柔軟に受け止めている。この変幻自在なジム・ホールのギターも聴きものです。こんなにジム・ホールが柔軟なギターを弾くとは思わなかった。特に、伴奏に回った時が素晴らしい。ピアニストのトミー・フラナガンに通ずるものがあります。

収録されたどの曲も、どの演奏も素晴らしい。心地良い緊迫感と躍動感が全編に渡って漲っている。ライブの聴衆も興奮してる様子が良く判ります。そして、ラストのカリプソ・チューン「Bimini」が実に楽しい。思わず踊り出したくなるような躍動感。ソニー・ロリンズの「セント・トーマス」を思い出す。

直前まで、丁々発止と緊張感溢れるトリオ演奏、デュオ演奏を繰り広げてきた後、ガラっと雰囲気を変えて、カリプソを演奏する。そんな「ガラっと曲想が、明るく躍動感あるものに変化する」というところは、ペトの選曲の特徴でもあります。ちなみに、僕は、ハッピーで躍動感溢れる演奏でのペトが一番好きです。ということで「Bimini」は外せない。いつもこのラストの「Bimini」を聴き終えて、心からハッピーな気分になります。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« The Facesの最終作『Ooh La La』 | トップページ | 奇跡的なハードロックの名盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/30320005

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしい変則トリオである。:

« The Facesの最終作『Ooh La La』 | トップページ | 奇跡的なハードロックの名盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ